プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年07月20日

9月の奈々福。

暫定的にアップしておきます。

1日(土) 玉川奈々福独演会@山口市 鍵山記念館15:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「英国密航」「浪曲シンデレラ」
15:30〜17:00(15:00開場)
場所 朴(ほお)の森 (鍵山記念館)http://ho-no-mori.jp/
木戸銭 2500円(中高生1000円 小学生無料)当日払い
申し込み方法 【数楽の会】ホームページhttps://suugakunokai.jimdo.com/ の「問い合わせ」より申し込んでください。
お問い合わせ先 090-8248-5744【数楽の会】(藤野)

2日(日)玉川奈々福・神田松之丞二人会「講談と浪曲で明治150年」@光市民ホール14:00〜
出演:浪曲 玉川奈々福「英国密航」(曲師:沢村豊子)
   講談 神田松之丞「青竜刀権次」
場所:光市民ホール小ホール(光市島田4-13-15)
入場料 一般 3000円(当日3500円)・学生(大学生以下)1000円
主催 光がんざき亭
共催 公益財団法人光市文化振興財団・光の文化を高める会
後援 光市教育委員会・瀬戸内タイムス・Kビジョン・新周南新聞社
チケット取り扱い:光市民ホール・コーヒーボーイ光店(Be st.内)・虹の文具館(光駅前)
チケットぴあ(Pコード 486471)
光がんざき亭.jpg
☆光市で、昨年に引き続き、会をやってくださいます。今年は明治150年をテーマにということで、「英国密航」をリクエストいただきました。講談の松之丞さんとご一緒。たのしみ。

定席木馬亭の出演日は、決まり次第アップします。

12日(水)柳家喬太郎・玉川奈々福二人会@広島
詳細決まり次第アップします。

13日(木)鶴川のお寺にて2席。

15日(土)奈々福なないろvol.1「傀儡師(くぐつ)と奈々福」@亀戸駅前カメリアホール14:00〜
プログラム
開口一番 天中軒景友(曲師:沢村美舟)
浪曲 玉川奈々福「おたのしみ」(曲師:沢村豊子)
ゲストコーナー 百鬼ゆめひな(オリジナル作品)
〜仲入り〜
コラボ演目「椿太夫の恋」(人形:百鬼ゆめひな 浪曲:玉川奈々福 三味線:沢村豊子)
全席指定:予約3000円 当日3500円
予約問合せ:カメリアホール 03-5626-2121 インターネット予約
奈々福なないろ表.jpg奈々福なないろ裏.jpg
☆新しい会、始めます。「奈々福なないろ」。毎回、さまざまなゲストをお迎えして、奈々福自身が様変わりし、浪曲の見え方も違ってくる、化学反応のような楽しい会を企画していきたいと思います。
 初回ゲストは、百鬼ゆめひなさん。等身大の人形をあやつる人形師さんです。傀儡師、と掲題しましたが、人形は原初の芸能のひとつです。彼女にはその匂いがあります。今までに、「イナンナの冥界下り」「海神別荘」「天守物語」「雪女」……など、さまざまな舞台をご一緒してきましたが、「椿姫」を翻案した奈々福オリジナル浪曲「椿太夫の恋」を、ゆめひなさんと共演上演いたします。前方中央の指定席券を奈々福持ちあるいております。

【特報!】奈々福初のDVD「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ!」発売!
収録演目:イントロおしゃべり。弾き語り浪曲シンデレラ。仙台の鬼夫婦。
「奈々福なないろ」にて発売開始いたします。この日お買い上げいただいた方には、サインをいたします。

16日(日)都内某所で独演会

18日(火)都内某所でクローズの会

19日(水)みちゆき 奈々福+吉坊二人会〜第七夜 男と男の道行き@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福「曲垣と度々平」(曲師:沢村豊子)
   桂吉坊「重陽」
開口一番:玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約問合せ:おひつじ亭 akagi@f-1994.co.jp、090-3206-5871(おひつじ亭 赤城)
みちゆき7.jpg
★上方落語の吉坊さんとの「みちゆき」早くも七回目。前回は男女の道行きでしたが、今回は、「男と男のみちゆき」。あぶない。はい、あぶないけど奈々福のは、すっとこだなあ。今回開口一番に弟弟子の太福さん出演。チケット、奈々福持ち歩いています。

20日(木)アーツカウンシル東京にてイベント

23日(日)神保町にて浪曲会(詳細決まったら告知します)

24日(月・祝)『五代目港家小柳を偲ぶ会』@木馬亭18:00〜
出演:港家小そめ 
   港家小ゆき
   玉川奈々福
   大利根勝子
   天中軒雲月
曲師 :玉川祐子、沢村豊子、玉川みね子
小柳追悼.jpg
☆今年ご逝去された、港家小柳師匠の追悼会に出演させていただきます。以下お弟子さんの小そめさんの言葉を引用します。
「9月に師匠五代目港家小柳を偲ぶ会を所縁の師匠方にご出演いただきまして、師匠小柳が療養中も帰ってきたがっておりました浅草木馬亭で開催することになりました。浪曲に加えてトークショーも予定しております。私は小ゆき姉さんと、玉川祐子師匠のお三味線で深川裸祭りをリレー浪曲させていただきます。本音を申しますと、追悼というのは大変寂しく、できることなら師匠と一緒の舞台に立ちたかったと思っておりますが、お客様の拍手と声援が何より好きだった方ですので、お時間ございましたらご来場いただければ嬉しく思っております。よろしくお願い申し上げます。」
ご予約 office.minatoya@gmail.com (オフィス港家)
080-5462-6085(堀田)

25日(火)浪曲・玉川奈々福 講談・神田松之丞二人会@椿山荘
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 神田松之丞
場所:椿山荘グランドホール椿(オリオン)
開場:17:30
食事:18:00〜18:45
演芸:19:00〜
お一人様:8000円(松華堂弁当+1ドリンク付き)
予約:イベント予約センター 03-3943-1140(9時〜20時)WEB予約もあり。
☆な、な、なんと、椿山荘でディナーショウというお仕事を頂戴しました。またまた松之丞さんと。ちょっとどういう場になるのか、未知の世界ですが、椿山荘は好きな場所なので、楽しみです。お庭の景色もすばらしいので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

27日(木)静岡県の小学校にて、浪曲WS
☆アウトリーチ事業の一環で、90分のワークショップを6年生にしてきます。

28日(金)玉川奈々福 独演会 Vol.17@大倉山記念館19:00〜
出演者:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
ゲスト:柳家松太郎(切り絵師)
料金(木戸銭):2500円(前売)3000円(当日)
会場:大倉山記念館 ホール(〒222-0037 横浜市港北区大倉山2-10-1)
会場へのお問い合わせはご遠慮願います。
◎東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分。駅とKFCの間の坂道を渋谷方向に上る
予約:芸人三昧 enbu@kf.netyou.jp 電話&FAX 045-568-5947
☆芸人三昧の胴元とはもう、ずいぶん付き合いが長くなりました。独演会17回目ですか。ふぉぉぉ。ありがとうございます。大倉山記念館はすばらしいホールなんですが坂がきびしいんです。頑張ってのぼってきてくださいませ!
posted by ななふく at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

8月の予定。

あらためて、8月の予定をアップしておきます。けっこう夏休みモードですね。暑いし、旅も終わったし、秋に向けて英気を養います。

1日(水)、公共放送の番組収録

2日(木)「暑気払い 講談と浪曲」@グランドアーク半蔵門18時〜
出演:神田すみれ(講談)「応挙の幽霊」
   玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)「飯岡助五郎の義侠」(伊藤桂一原作 奈々福作)
日 時:平成30年8月02日(木)午後5時半受付 午後6時開演9時お開き
会 費: 1万円(お食事・飲物付き)
場 所: グランドアーク半蔵門  3階 「光の間」(椅子席)
千代田区隼町1−1 電話:03−3288−1628
最寄駅: 地下鉄半蔵門線半蔵門駅 6番出口(エスカレーター完備)より徒歩2分
振込先: 三井住友銀行 赤坂支店 普通 8069470 NPO法人蔦くらぶ
☆毎年、すみれ先生とご一緒させていただいている会で、今年からオープンに、お客様募集することになったようです。
「助五郎の義侠」は天保水滸伝を、飯岡側から描いた小説を浪曲化したもので、大好きなネタなので、聴いてほしいです。

4日(土)「玉川奈々福のおはようライブ、ほとばしる浪花節!」@木馬亭10:30〜 
出演:玉川奈々福「平成狸合戦ぽんぽこ」(高畑勲原作 玉川奈々福脚色 曲師:沢村豊子)
木戸銭500円(朝一番の笑顔付!)
44玉川奈々福のおはようライブ2.jpg
☆今回、ネタおろしではなく、9年前に作った新作をかけます。高畑勲監督に「いつでもやっていいからね」と言っていただきながら、機会がなかった。監督が亡くなられてショックを受けて、台本読み直したら、いまなお現代性のまったく褪せないものでした。監督への思いを込めて、再演しようとおもいます。

4日(土)浪曲定席木馬亭@浅草 木馬亭12:15~
出演:富士綾那 東家孝太郎 花渡家ちとせ 玉川奈々福 天中軒涼月 一龍斎春水(講談)玉川こう福 東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
★バラエティに富んだ顔づけの日です。男女のバランスも、関東節、関西節のバランスも。多彩な浪曲を聞いていただける日かと思います。

6日(月)浪曲定席木馬亭@浅草 木馬亭12:15~
出演:港家小そめ 澤雪絵 玉川奈々福 国本晴美 真山隼人 一龍斎貞橘(講談)天津ひずる 東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
★関西から真山隼人さんが出演します。隼人さんの三味線は、豊子師匠の一番弟子、沢村さくらさんです。同じ関西節でも、関東の関西節と、関西の関西節とは違います。それもお愉しみに。


8日(水)浪曲日本橋亭「暑気払いは浪曲で!」@お江戸日本橋亭13:00~
出演:天中軒景友「若き日の小村寿太郎」、富士綾那「甚五郎京都の巻」、東家孝太郎「長兵衛嫁とり」、玉川奈々福「金魚夢幻」
曲師:沢村豊子 水乃金魚
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約問合せ:(一社)日本浪曲協会 03-3844-1611
☆夏は「金魚夢幻」のご要望がありますね〜。でも協会企画で演じることは、あんまりないなあ。

14日(火)毎週火曜は浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19時〜
出演:玉川奈々福 港家小ゆき(曲師:沢村豊子)
木戸銭:1500円(茶菓付き)
☆お盆最中ですけれど、火曜亭は御休みなくやります。暑いさなかの熱い浪曲。茶話会もおたのしみに。

18日(土)欧州&中央アジア公演帰朝報告会〜玉川奈々福たっぷり土産話と浪曲の会〜@神戸・喜楽館19:00〜
◎文化庁文化交流大使として、1ヶ月半にわたり、イタリア・スロベニア・オーストリア・ハンガリー・ポーランド・キルギス・ウズベキスタンの7ヶ国で浪曲公演を行ってきまして。東京で報告会をするのですが、MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)が、関西でも!と手を挙げてくださいました。そして開館したばかりの、神戸新開地の喜楽館を予約してくださいました。
なんというありがたさ……。
出来たばかりのぴかぴかの寄席で、珍道中の土産話と、新作&古典浪曲の2席。
2018年8月18日(土)19時00分開演/18時30分開場@喜楽館(神戸市兵庫区新開地2丁目4−13/私鉄各線「新開地駅」より徒歩2分)
前売 3,000円/当日 3,500円(自由席)
チケットぴあHP https://t.pia.jp/
チケットぴあ電話予約 0570-02-9999(Pコード 597-410)
セブンイレブン、チケットぴあ店舗
【お問い合わせ先】
mail:mottonanafuku@gmail.com /tel:050-5435-1730
【主催】MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)
神戸報告会.jpg

19日(日)イナンナの冥界下り@神戸市・凱風館

23日(木)渋谷のラジオ出演 14:00-15:00OA
☆豊子師匠と一緒に、地域FM、渋谷のラジオに生出演します。渋谷のラジオ出演三度めだなあ。なんといっても目玉は、お師匠さんのフリートーク!!!フリー、自由すぎるフリー!

23日(木)清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19時〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:予約1800円 当日2000円
ご予約:らくごカフェ rakugocafe@hotmail.co.jp 03−6268−9818(平日12時〜18時受付)
☆弟弟子の太福さんとのこの会も、21回目になりますが、今回、ネタ出しもしておりませんが、すでにご予約がかなり入っています。ご予約お早目に、演題は当日のお愉しみ!

25日(土)奈々福・小ゆき二人会〜小ゆき、奈々福姐の胸を借りる@道楽亭18:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 港家小ゆき(曲師:沢村美舟)
木戸銭:予約2500円 当日3000円(別途3500円で打ち上げあり。希望者のみ)
予約問合せ:道楽亭 03-6457-8366 info@dourakutei.com
★道楽亭さんの企画で、小ゆきさんと二人会で、曲師も二人という贅沢さです。すべて小ゆきちゃんに仕切りをお任せします。

26日(日)玉川奈々福の、子どもと楽しむはじめての浪曲@江戸川グリーンパレス17:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭:子ども(3歳~中学生)1000円 大人2000円(当日2500円)高校生 要相談
申し込み方法:代表者、参加人数、お子さまの年齢、住所、電話番号を以下のいずれかに
edogawakogeki@aol.com 
FAX:03-5662-0917
☆お子さんに浪花節! ここのところ、そういうお仕事がちょいちょい入って面白いし嬉しいです。子どもほど手ごわいお客はない。「浪曲シンデレラ」のご注文と、古典一席。さて、どうなることやら!
posted by ななふく at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

面白いこと請け合い「東海道浪花節道中!」

 猛暑お見舞い申し上げます。
 西日本で被災された方、またご親戚・ご友人に被災された方がおられるという方には、心よりお見舞い申し上げます。
 甚大な被害に追い打ちをかけるような酷暑……どうか、お身体をそこなわれませんようにと、祈ります。

 奈々福は、5月27日から一か月半、文化庁文化交流使として、ヨーロッパと中央アジアを旅してきました。
 七か国で13公演、5ワークショップをしてきましたが、ご当地の芸能をいっぱい浴び、交流し、とっても面白い旅でした。
 英気をおもいっきりやしなって、帰国後第一弾の自主公演、直前のご案内になってしまいましたが、
ぜひぜひご来場いただきたい、面白い会です。

玉川奈々福・木村勝千代二人会 東海道浪花節道中

小学生で入門し、少女浪曲師として鳴らしながら、一時期浪曲から離れ、五年前に復帰した木村勝千代さんとの二人会です。
二人とも、「関東節」です。
奈々福は、玉川派(でも、国友忠先生や木村若友師匠にも習ったので、木村風味も入ってます)。
勝千代さんは、純粋木村派(松太郎師匠の秘蔵っ子でしたから)。
明治このかた、圧倒的に男性演者ばかりだった「関東節」で、気を吐く奈々福・勝千代の、
東海道中うなり旅。
箱根山を越え、掛川宿へ、そして浜松近郊の小松村、だいぶ戻って、大井川。
浪曲の有名長編演題「清水次郎長伝」「慶安太平記」「寛永三馬術」「甚五郎旅日記」をちょこっとずつ味わえる、おいしさいっぱいの二人旅です。

曲師:沢村豊子 沢村美舟
演題:慶安太平記 善達箱根山 勝千代(美舟)
甚五郎旅日記 掛川宿 奈々福(豊子)
清水次郎長伝 お民の度胸 勝千代(美舟)
寛永三馬術 大井川乗り切り 奈々福(豊子)

2018年7月21日(土)
13:00開場 13:30開演
会場:木馬亭(台東区浅草2-7-5)
木戸銭:全席自由 前売り3000円 当日3500円
予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867

奈々福勝千代表.jpg奈々福勝千代浦.jpg

「女に関東節、無理!」と、どれだけ今まで言われたことか。
関東節で名前を挙げられた女流の師匠は、二葉百合子先生と、二代目木村友衛先生しか私は知りません。
勝千代さんが復帰してくれたときは嬉しかった。
そして木村派の「慶安太平記」をやってくれてうれしかった。
ある意味両極端の、女流関東節。ガチンコ頑張ります。
ご来場、おまちしております!!!!!
posted by ななふく at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

キルギスの語り芸「マナス」との交流会。

 文化庁文化交流しとして、5月27日に日本を旅立って、早くも一か月以上。
 今までに、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランドで公演してきました。
 すでに11公演+3ワークショップ。
 いよいよ旅も終盤、六か国目は、中央アジアのキルギスにおります。
 この国に来たかった。目的があった。
 世界最長の叙事詩「マナス」があり、それを語る「マナスチ」たちがいるからです。
 いったい、どういう芸!?

 キルギスは、遊牧民の国です。いまは定住し、農業国になっているようですが、もともとは移動式住居で、草原を移動しながら生活していた人たちです。だからこの国には伝統的な建物というものがありません。つい一昨日まで一か月間ヨーロッパの伝統的建物を見まくっていた目には、ずいぶんさっぱりした国に映ります。肉は、生活をともにしている家畜があるので、売り買いするものではない、ので、いまでもバザールで肉を扱っている人たちは、ロシア系の人たちらしいです。

 建国は1991年。それまではロシア領でした。国家語はキルギス語ですが、公用語としてロシア語が広く使われています。

 この国に古くから伝わる英雄譚が「マナス」。20万行以上の叙事詩と聞いていましたが、本日聞いたら、50万行以上とのこと。
 活字にまとめられたのが20世紀半ば(一部が、平凡社の東洋文庫に入ってます)。
それも、語り部たちの語りを取材してまとめたもので、全容はまだわからないのだとのことです。

 語り芸ときけば興味津々なわたくしが、文化交流史にご指名受けて、そりゃあ各国の語り芸を聞きたいと思い、キルギスでマナスを聴ける機会を探っておりました。そうしたら、大使館から、マナスのドキュメンタリーを撮っている映像作家の方がいるとの情報をいただき、その方のご尽力で、「共演公演」が実現することになったのです。
そのうえ、私がマナスに興味を持っていることを歓迎してくださったマナス財団の方々が、公演前日に、「交流会」を設定してくださいました。すごい機会です。

 大喜び!

 来る前に、マナスの映像を探しては見てました。
 子どもが語ってる映像がyoutubeにけっこうアップされてました。
 その語りが、半端な迫力ではない。お客さんを一向に見ることなく、自分の語りの中に入り込み、推定年齢五つや六つの子どもがなにゆえにこれほどの確信をもって語ってるのか、とにかく、「習った」「真似をしている」「覚えちゃった」とか、そういう、甘い感じではない、疑問をさしはさむ余地のない、確信に満ちた語りなのです。
「……いったい、なにこれ?」

 今日、打ち合わせした二人のキルギス人通訳さんそれぞれに、マナスってなに、と聞きました。
「この国では伝統芸能はマナスだけです。キルギス人の統合の象徴です」
「マナスは、伝説の英雄の名前からついたものです。でも、その英雄を、本当にいたと信じている人も多くいます」
「初代大統領の方針で、中学生から必ずマナスを勉強することになってます」
「マナスを語る人をマナスチといいますが、マナスチは、誰でもなれるものではありません」
……そこ、聞きたい。どういう人がマナスチになるの?
朝打ち合わせをした通訳のシャヒデンさんは、こういった。
「才能、ですね」
午後から会った、ウイグル系キルギス人のエルミラさんは、こういった。
「伝統の家に生まれて、小さいころに、夢を見て、あなたはマナスになりなさい。とお告げを受けた人が、なります」
……えっ!?
しかも、その子は、お告げを受けたその翌日から、何を見ることもなく、マナスが語れるのだという。
……この話、どっかで聞いた。
あっ、チベットの「ケサル王伝説」の語り部たちもそうなのだ! お能の安田登先生から、この話と同様のことを聞いたのだ!
つまりは、憑依系芸能……ああ、語りの確信は、憑依されているからなのか、納得。


 行って来ました、マナス財団。マナスチの方々がいっぱい待っててくださった!
 待て待て、年季入った人もいるけど、どうみても小学生や中学生みたいな少年もいるぞ。
「彼らはこれからを担うマナスチです」
 この子たちも「天からのお告げ」でマナスチになっちゃった子たちなんだろうか。

いろいろ聞きたいことはあるんだが、先様の仕切りで、まずはお互いの芸の披露。
ちびっこたちから、順々に語っていく。
 ゆったりと始まり、それがだんだん、早間になり、熱を帯びていく、手を振り上げ、声を振り絞り、時々テクニカルな節をつかい、確信に満ちて語り進めていく。
 で、やはり彼ら、お客さんのほうを、一切見ない。自身の語りに、入り込む。

 ぽかんと口開けて感動していたら。
 さあ、あなたどうぞ。奈々福の浪曲の番である。
 そりゃあ、振り絞りましたよ。あっちからいろいろ引きだすためには、こっちもなかなかと思ってもらわなくちゃあならないもん。私の出来はさておき。

 いろいろお話をうかがいました。
 研究者でもあるタランタリさんがいろいろと解説してくださる。
「1950年から60年ごろにつくられた、耳のないお坊さんの映画がありましたね?」
……日本の映画? 耳なし芳一のこと?
「ああ、そうです。それはマナスチの話に似てます」
……ど、ど、どういうことですか?
「芳一は、ドン・タイラ(平家のことらしい)の魂に呼ばれて、海を渡って、天皇の妻のところにいき、タイラの物語を語って、帰ってくる」(小泉八雲とはちょっと違う筋で理解されてるみたいでしたが)
 その、この世にはない魂に呼ばれ、その世界に行って語る、あの世との魂の交渉、がマナスチの本来の姿だというのです。
 ほえええええええっ!!! こりゃ本当に憑依系なんですね。
 そして、こんなすごい声を出しながら、いわゆる声の修業というのはしない。一番大事なのは、言葉の使い方。英雄の姿やその闘いのあり様を、いかに生き生きと具体的にこまかく描写するか。言葉の力があるから楽器を使う必要はない。
 つまり、描写・命。台本、にはなっていないけれど、物語、ネタが、命。それを受け継ぐことが、使命。
 これって、講談。
講談と浪曲の違いというのは、近接芸でありながら際立っている。
マナスは、講談である。憑依系の講談、がマナス、なんだと、本日のところは、強く思った次第。

最後に、七歳でマナスチになり、現在十一歳の少年に、修業でいちばんつらいことはなに、と聞いてみました。
「語っていると、目の前に悲しい世界が見えてきて、心が辛くなる。泣いてしまったこともある」

 十一歳の少年のこの返事に、胸いっぱいになる思いでした。彼らは、語っているときに、完全に物語の世界を生きているのだ。
物語世界半分、お客さんのご機嫌半分、願わくば客席の全員と目が合うように視線投げ色気投げ、日銭稼いでる芸人とは、ありようがまったく、違うのだ!!!

今日は、超面白かったです。文化交流使をお引き受けした甲斐がありました。
さあ、明日はこのマナスチの方々との一緒の公演です。
私は、トップバッターで一席語るほか、ご当地の超有名歌手であり、女性のマナスチでもあるグルザラさんと、5分ずつの語り比べをします。彼女、ものすごうつくしく、唄、節の完成度高いです。どうなることやら。身をなげうって、頑張る!!!



posted by ななふく at 04:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする