プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年05月11日

語り芸パースペクティブ最終回「語り芸の来し方、これから」の会、ご挨拶。

ようこそご来場いただきました。
「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ」いよいよ最終回です。
最終回のお題は「語り芸の来し方、これから」。なんという壮大な。
 日本の語り芸のいま現在における最新型は、ラップ、ではないかと思っています。
 ラップ、全然詳しくありません。ただ、「フリースタイルダンジョン」や「高校生ラップ選手権」などのテレビ番組を見ていると、まさに、いま生成している「語り」の、ものすごく生々しいものを浴びて動悸します。
 社会の、低きところから声を上げ、言葉を音楽的に扱い、即興性が強く、腹の底から突き上げるごとき表現。言葉と音楽と情念の、瞬間の融合の連続、のような気がします。
 その日本語ラップの地平を開かれたのが、いとうせいこうさんです。
 いとうさんは、私の兄弟子、でもあります。能楽師の安田登先生のもとで、ともに謡を習っております。月に二回、某お寺の本堂での、早朝稽古。現存する語り芸の中でもっとも古く、儀礼性と、中世以来の身体性を残し、此の世とあの世をつなぐ芸であるお能の、なにがしかを、体に取り入れたいと、眠い目こすりながら、通っています。
 学ぶほどに思うのは、お能、おそるべし、ということ。
今日はいとうさんに最新型の語りを、そしてこのシリーズ二度めのご登壇となる安田先生に、古い形の語りとして、能の一部を演じていただきます。
 そして、楽しみなのは、実は最後のお話です。
朝稽古は、二時間。そのうち一時間は、だいたい、雑談。これが、とんでもなく面白い。
 よく出る話題は、遠い芸能の始原の話。よく出てくるのは、「秦河勝」という人名です。
秦氏は渡来系氏族の長だった人で、聖徳太子に仕え、猿楽(能)の始祖と伝えられる人です。平安京を開いた桓武天皇が渡来系の天皇だったことは有名ですが、その京都に残る「太秦」という地名は、秦氏の住まいがあった地とされています。
そして朝の雑談は、いま大きく変わりつつある世の中、遠い未来のことも話題に出ます。言葉を超える言葉の世界を「親愛なる」という小説で書かれたいとうさんと、安田先生の会話は、今日明日のことできゅうきゅうとしている私の貧しい想像力を、はるか遠くにいざなってくれます。その「雑談」を、この語り芸パースペクティブの締めにしたいと思います。
窮屈なこの世で、はるか遠くへ、私たちを連れて行ってくれるもの、それこそが、芸!
みなさまも、わたくしも、これからも、はるか遠くへ飛べますように……。

2018年2月19日
玉川奈々福
AAPP9248.JPGAAPP9068.JPGAAPP9048.JPGAAPP9007.JPG
posted by ななふく at 00:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする