プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年05月21日

帰国後の予定

いよいよ海外公演が近づいてばたばたしております。
帰国後の、現在までに決まっている当座の予定をアップしておきます。
けっこうクローズの会とか、情報解禁になってない件が多く……。

7月12日 日中平和友好条約締結40周年記念「中国曲芸の魅力に迫るW」@京都・清水寺「経堂」14時〜
出演:福建南平南詞「寇準 宴を取り止める」肖向麗、熊俊
   ケサル説唱「岭国妙音」土登格桑、欧珠旺姆
   蘇州評話「馬を贈る」呉新伯
   京韻大鼓「華容道」種玉傑
   漫才「規則論」姜昆氏、戴志誠
   浪曲「寛永三馬術 曲垣と度々平」玉川奈々福、沢村豊子(曲師)
主催:日本中国文化交流協会 中国曲芸家協会
協賛:宏幸株式会社
協力:音羽山 清水寺
参加費:1000円
お問い合わせ:日本中国文化交流協会 03-3212-1766
★今年1月、中国と日本の語り芸の交流の会を北京、蘇州、上海で行い、日本側からは、お能の安田登先生、狂言の奥津健太郎先生、そして浪曲の奈々福と曲師として沢村美舟が訪中し、非常に有意義な交流を行いました。今回、中国側から五つの語り芸、8人の芸人さんをお招きし(いずれも、超一流の方々ばかりです!)、中国の豊かな語り芸の世界を日本の方々に見ていただきます。ご返礼として、奈々福が浪曲一席をご披露させていただきます。場所はなんと、清水寺の経堂……。わくわく!


14日(土)渋谷らくご@ユーロライブ17:00〜
出演:立川志ら乃 玉川奈々福 桂春蝶 快楽亭ブラック(出演順)
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円
ご予約・お問い合わせ:ユーロライブ
☆ぶ、ぶ、ブラック師匠! お会いするの久しぶりです。どういう濃さですかこの会。どう対応すればいいですかこの会。

16日(月・祝) クローズの会@船の上

18日(水)クローズの会@初台のどこか

20日(金)学習院にて作家・姜信子さんの授業に参加

21日(土)玉川奈々福・木村勝千代二人会 〜東海道浪花節道中〜
曲師:沢村豊子 沢村美舟
演題:慶安太平記 善達箱根山 勝千代(美舟)
甚五郎旅日記 掛川宿 奈々福(豊子)
清水次郎長伝 お民の度胸 勝千代(美舟)
寛永三馬術 大井川乗り切り 奈々福(豊子)
奈々福勝千代表.jpg奈々福勝千代浦.jpg
2018年7月21日(土)13:00開場 13:30開演
会場:木馬亭(台東区浅草2-7-5)
木戸銭:全席自由 前売り3000円 当日3500円
予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
奈々福勝千代表.jpg奈々福勝千代浦.jpg

23日(月)千葉県の高校初任の先生方へws

25日(水)Again 浪曲 Night
日時:2018年7月25日(水) Open:18:30 / Start:19:00
会場:武蔵小山駅前 ライブ・カフェ Again(アゲイン)
    予約受付TEL:03(5879)2251
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)「金魚夢幻」ほか一席、及びトーク・コーナー
入場料、1,500円(1 drink付き)

27日(金)某公共放送の公開収録

29日(日)玉川奈々福浪曲公演@浅草・茶寮一松14時〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
場所:茶寮一松(台東区雷門1-15-1)
木戸銭:4000円(一松の和カフェお茶券つき)
ご予約:お名前、人数、メアド、携帯番号明記の上、yang@yeeyoo.co.jp
一松チラシ.jpg
☆日本浪曲協会から徒歩0分。浅草の名料亭・一松さんで浪曲会をしていただけることになりました。
ここ、すばらしいんです。昔の建具職人さんによる、欄間や窓の細工のすばらしい広間があり、ここで浪曲ができないかな〜と長年憧れていたのですが、無理だとおもっていたら、お声がかかりました!!! 
ここにこの値段で入れるなんて、もう、入るだけで価値があります。
日曜日の昼間、のんびりお茶のみながら、美しい和室にて、浪曲を聞いてくださいませ。

31日(火)奈々福のたっぷり土産話と浪曲の会@道楽亭19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)2席+たっぷりお土産話
木戸銭2500円 別途打ち上げ3500円(希望者のみ)
予約問合せ:道楽亭 03-6457-8366
★お蔭さまで満席になりました。

8月1日、公共放送の番組収録

8月2日(木)「暑気払い 講談と浪曲」@グランドアーク半蔵門18時〜
出演:神田すみれ(講談)「応挙の幽霊」
   玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)「飯岡助五郎の義侠」(伊藤桂一原作 奈々福作)
日 時:平成30年8月02日(木)午後5時半受付 午後6時開演9時お開き
会 費: 1万円(お食事・飲物付き)
場 所: グランドアーク半蔵門  3階 「光の間」(椅子席)
千代田区隼町1−1 電話:03−3288−1628
最寄駅: 地下鉄半蔵門線半蔵門駅 6番出口(エスカレーター完備)より徒歩2分
振込先: 三井住友銀行 赤坂支店 普通 8069470 NPO法人蔦くらぶ

4日(土)「玉川奈々福のおはようライブ、ほとばしる浪花節!」@木馬亭10:30〜 
ネタおろし予定。木戸銭500円(朝一番の笑顔付!)

4日(土)浪曲定席木馬亭@浅草 木馬亭12:15~
出演:富士綾那 東家孝太郎 花渡家ちとせ 玉川奈々福 天中軒涼月 (講談一席入ります)玉川こう福 東家浦太郎

6日(月)浪曲定席木馬亭@浅草 木馬亭12:15~
出演:港家小そめ 澤雪絵 玉川奈々福 国本晴美 真山隼人 (講談一席入ります)天津ひずる 東家浦太郎

8日(水)浪曲日本橋亭「暑気払いは浪曲で!」@お江戸日本橋亭13:00~
出演:天中軒景友「若き日の小村寿太郎」、富士綾那「甚五郎京都の巻」、東家孝太郎「長兵衛嫁とり」、玉川奈々福「金魚夢幻」
曲師:沢村豊子 水乃金魚
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約問合せ:(一社)日本浪曲協会 03-3844-1611

14日(木)毎週火曜は浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19時〜
木戸銭:1500円(茶菓付き)

18日(土)欧州&中央アジア公演帰朝報告会〜玉川奈々福たっぷり土産話と浪曲の会〜@神戸・喜楽館19:00〜
◎文化庁文化交流大使として、1ヶ月半にわたり、イタリア・スロベニア・オーストリア・ハンガリー・ポーランド・キルギス・ウズベキスタンの7ヶ国で浪曲公演を行ってきまして。東京で報告会をするのですが、MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)が、関西でも!と手を挙げてくださいました。そして開館したばかりの、神戸新開地の喜楽館を予約してくださいました。
なんというありがたさ……。
出来たばかりのぴかぴかの寄席で、珍道中の土産話と、新作&古典浪曲の2席。
2018年8月18日(土)19時00分開演/18時30分開場@喜楽館(神戸市兵庫区新開地2丁目4−13/私鉄各線「新開地駅」より徒歩2分)
前売 3,000円/当日 3,500円(自由席)
チケットぴあHP https://t.pia.jp/
チケットぴあ電話予約 0570-02-9999(Pコード 597-410)
セブンイレブン、チケットぴあ店舗
【お問い合わせ先】
mail:mottonanafuku@gmail.com /tel:050-5435-1730
【主催】MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)
神戸報告会.jpg

19日(日)イナンナの冥界下り@神戸市・凱風館

23日(木)渋谷のラジオ出演

23日(木)清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19時〜

25日(土)奈々福・小ゆき二人会 新作ばっかり@道楽亭18:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 港家小ゆき(曲師:沢村美舟)
★道楽亭さんの企画で、小ゆきさんと二人会で、曲師も二人という贅沢さです。すべて小ゆきちゃんに仕切りをお任せします。

26日(日)江戸川子ども劇場@江戸川グリーンパレス


posted by ななふく at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

語り芸パースペクティブ、ダイジェスト動画公開!

昨年四月から今年二月にかけて開催しました、
「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ〜この国の物語曼荼羅」全11回の内容を、
42分ほどの動画にまとめました(撮影・編集:田島空)。

本にならないんですか、動画公開しないんですかと、全回参加した方々からも、来られなかった方々からも、言われておりました。
42分、単純に割れば、各回4分もないくらいなんですけれど、さすがの田島空監督の編集により、
当日の雰囲気を、かなり感じていただけるものになっているかと思います。
ダイジェストですけど、出演の方々の気迫、お話の内容、十分スゴいです。

https://www.youtube.com/watch?v=GqeDkIMAaL0&feature=youtu.be
posted by ななふく at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度文化庁文化交流使にご指名いただきました。

このたび平成30年度「文化庁文化交流使」にご指名頂き、本日、指名書交付式でした。


今月27日に出発し、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの各国にて、
浪曲公演してきます。7月中旬帰国予定です。
交付式1.jpg交付式2.jpg(本日の任命書交付式。撮影:田島空)

ある日突然文化庁からメールが来たときには、こりゃ新手の詐欺かと思いました。
なぜ奈々福に!? その理由はいまだにわからない。
外国で浪曲を、という発想はまったくなかったので、いったいどこに行って何をすれば、ゼロからのスタートでした。

なにせ、行き先を自分の伝手で自分で決め、自分で交渉しなければならない。
結果、さまざまなご縁とお力添えをいただき、七か国になりましたが(この経緯もいろいろあった)、
受け入れ先の方々と、今に至るまで、どれだけのメールを交わしたかわかりません。

「語り芸パースペクティブ」事業をしながらだったから、そこそこキツかったです。

受け入れ先候補が決まったら、そこに対して自己紹介し、浪曲の説明をし、
あなたの国で浪曲をさせていただきたいのだ、ついてはお力添えを頂きたく、から始まり、
いつどこで、どういう内容で、舞台仕様はこうこうで、その他交通宿泊、翻訳通訳費用、
そしていま字幕のために台本を翻訳してもらってる。

主に、現地大学の日本語、日本文化研究の先生方にご縁ができたので、ほぼ日本語でやりとりができたのが、大変幸いでした。
『源氏物語』を原語で読めるレベルの研究者がいる大学……
そんじょそこらの日本人より日本語上手なんじゃないかというメールが返信されてくるんで驚愕の連続。

しかし、どこの国と、なんの交渉まで済んでいるのか、もう、わけわからなくなってます、なう。

中国と韓国で懲りたはずなのに、一部現地語でやると受けるもんだから、今回も、一部を現地語でやろうと、
音声ファイルを、いま三か国から入手済み。
イタリア語、スロベニア語の発音はできそうな気がするが、問題は、ドイツ語! 
このあと、ポーランド語、ロシア語、ハンガリー語も来る予定。どぅああ。

でも、浪曲をやるばかりではなく、現地の芸能をいっぱい見てこよう、また、可能なかぎり交流もしてこようと思います。
キルギスでは、世界最大の叙事詩マナスを語るマナスチの方々とのコラボ公演ができるかもしれない。

ウズベキスタンの会場は、国立音楽大学院なので、伝統楽器ドゥタールと、三味線の弾き比べもさせてくださいとお願いちう。
ついでに、伝統芸能を探しながら、ブルーに輝くモスクを見に、日帰りでサマルカンドへも行く予定。
嗚呼、憧れのサマルカンド!

イタリアは、須賀敦子さんの文章で憧れていたトリエステの、市立美術館で開催! 
スロベニアでは幼稚園や小学校でWSもさせてもらいます。各大学の先生や学生さんとの交流の時間もある。

曲師は、豊子師匠にお願いしたかったのですが、一か月半の外遊はお師匠さんにはご負担が大きすぎると、
美舟さんに同行してもらうことにしました。美舟ちゃん、この事業のなんたるかを、まったくわかっていません(わかろうとしていません)。
「おねえさーん、オペラが見たいですうう」とか言ってます。

一か月半、豊子師匠に淋しい思いをさせます。弾いてもらって十六年、そんなに離れたことない。それが一番切ない。

七か国共通で「仙台の鬼夫婦」をやるほか、2席ご所望の場所では「浪曲シンデレラ」。日本の伝統芸能や語り芸そして浪曲の説明もさせてもらいます。妻が夫を叩きのめす話、各国の反応の違いがたのしみ。儒教の国でも受けたから、たぶんだいじょぶだろう。

以下の予定です。もしもその時期、現地におられるようなことがありましたら、ぜひいらしてください。


五月二十七日 出発
五月二十九日 イタリア・ローマ公演@ローマ日本文化会館
六月二日   スロベニア・シュコフィアロカ公演@スコルスキドモ
六月五日   スロベニア・スロベングラッツ公演@文化ハウス
六月六日午前中  スロベニア・リュブリャナ公演@リュブリャナ大学
六月六日夕刻  スロベニア・リュブリャナ公演@市役所ホール
六月十一日  イタリア・ミラノ公演@エルフォ・プッチーニ劇場
六月十二日  イタリア・トリエステ公演@トリエステ市立美術館
六月十四日  オーストリア・ウィーン公演@ウィーン大学
六月二十日  ハンガリー・ブダペスト公演@エドヴェシュ・ティーズ
六月二十六日 ポーランド・クラクフ公演@日本美術技術博物館
六月二十九日 ポーランド・ワルシャワ公演@日本情報工科大学
七月三日   キルギス・ビシュケク公演@トゥングチ劇場
七月七日   ウズベキスタン・タシケント公演@国立音楽大学院
七月十日   帰国予定

45日間、13公演。その他WS、学生さんと交流会、大学での交流会など。

ローマではバレエを、ミラノと、ウィーンとブダペストではオペラを鑑賞予定。
初めて行くスロベニアは、この時期最高に美しいですよときいてるので楽しみ。

留守にするのは一か月半ばかしです、すぐです。:

7月、帰国後、21日(土)に、帰国祝い公演として、こんなことしますから、予約してね。

玉川奈々福・木村勝千代二人会 〜東海道浪花節道中〜
曲師:沢村豊子 沢村美舟
演題:慶安太平記 善達箱根山 勝千代(美舟)
甚五郎旅日記 掛川宿 奈々福(豊子)
清水次郎長伝 お民の度胸 勝千代(美舟)
寛永三馬術 大井川乗り切り 奈々福(豊子)
奈々福勝千代表.jpg奈々福勝千代浦.jpg
2018年7月21日(土)13:00開場 13:30開演
会場:木馬亭(台東区浅草2-7-5)
木戸銭:全席自由 前売り3000円 当日3500円
予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867

7月31日(火)19:00〜には、道楽亭にて、凱旋公演「たっぷりお土産話と浪曲の会」を、美舟ちゃんとします。こちらは道楽亭さんにお問い合わせくださーーーい!
posted by ななふく at 19:58| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

語り芸パースペクティブ最終回「語り芸の来し方、これから」の会、ご挨拶。

ようこそご来場いただきました。
「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ」いよいよ最終回です。
最終回のお題は「語り芸の来し方、これから」。なんという壮大な。
 日本の語り芸のいま現在における最新型は、ラップ、ではないかと思っています。
 ラップ、全然詳しくありません。ただ、「フリースタイルダンジョン」や「高校生ラップ選手権」などのテレビ番組を見ていると、まさに、いま生成している「語り」の、ものすごく生々しいものを浴びて動悸します。
 社会の、低きところから声を上げ、言葉を音楽的に扱い、即興性が強く、腹の底から突き上げるごとき表現。言葉と音楽と情念の、瞬間の融合の連続、のような気がします。
 その日本語ラップの地平を開かれたのが、いとうせいこうさんです。
 いとうさんは、私の兄弟子、でもあります。能楽師の安田登先生のもとで、ともに謡を習っております。月に二回、某お寺の本堂での、早朝稽古。現存する語り芸の中でもっとも古く、儀礼性と、中世以来の身体性を残し、此の世とあの世をつなぐ芸であるお能の、なにがしかを、体に取り入れたいと、眠い目こすりながら、通っています。
 学ぶほどに思うのは、お能、おそるべし、ということ。
今日はいとうさんに最新型の語りを、そしてこのシリーズ二度めのご登壇となる安田先生に、古い形の語りとして、能の一部を演じていただきます。
 そして、楽しみなのは、実は最後のお話です。
朝稽古は、二時間。そのうち一時間は、だいたい、雑談。これが、とんでもなく面白い。
 よく出る話題は、遠い芸能の始原の話。よく出てくるのは、「秦河勝」という人名です。
秦氏は渡来系氏族の長だった人で、聖徳太子に仕え、猿楽(能)の始祖と伝えられる人です。平安京を開いた桓武天皇が渡来系の天皇だったことは有名ですが、その京都に残る「太秦」という地名は、秦氏の住まいがあった地とされています。
そして朝の雑談は、いま大きく変わりつつある世の中、遠い未来のことも話題に出ます。言葉を超える言葉の世界を「親愛なる」という小説で書かれたいとうさんと、安田先生の会話は、今日明日のことできゅうきゅうとしている私の貧しい想像力を、はるか遠くにいざなってくれます。その「雑談」を、この語り芸パースペクティブの締めにしたいと思います。
窮屈なこの世で、はるか遠くへ、私たちを連れて行ってくれるもの、それこそが、芸!
みなさまも、わたくしも、これからも、はるか遠くへ飛べますように……。

2018年2月19日
玉川奈々福
AAPP9248.JPGAAPP9068.JPGAAPP9048.JPGAAPP9007.JPG
posted by ななふく at 00:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする