プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年02月05日

語り芸パースペクティブ第三回「ごぜ唄・説経祭文」の会のご挨拶

今年度開催している、「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ」。
六月に第三回「説経祭文 ごぜ唄」の会を開催しました。
ご出講いただいたのは、説経祭文の渡部八太夫師匠と、ごぜ唄継承者の萱森直子さん。
いずれも、ナマで聞く機会のとても少ない、貴重な芸です。
その二つは、遠くないはず、と予想して組み合わせたものですが、お二人の実演を聞くと、やはり全然違う芸なのでした。声から、三味線から、伝わってくる、その芸能の出自の匂い、に、多くのお客様が震えた、会でした。そのときのご挨拶を掲出します。

***************************************************************
ようこそご来場くださいました。「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ〜この国の物語曼荼羅〜」第三回目でございます。
私は浪曲師ですが、浪曲の源流にある芸能として挙げられている芸のなかに「説経節」「祭文」があります。でもその二つがくっついた「説経祭文」という芸があることを最近まで知らず、その流れを教えてくれたのが、渡部八太夫師匠です。一度は説経節の名跡を継承されたものの、それを返上し、現在古説経の復活に取り組んでおられます。
萱森直子さんとは、新潟にお仕事で行ったときに出会い、最後の長岡瞽女と呼ばれた小林ハルさん伝授のごぜ唄を聞かせていただきました。
仏教の唱導から生まれた「説経」。
神を祭る文章、つまりは神道の流れの中から生まれた「祭文」。
古い芸能です。もともとはどういう音楽性のものであったのか、それがどう変遷してきたのか、音の歴史は記録に残らず、たどるべくもありません。「梁塵秘抄」の撰者であり、自らも今様に狂い、遊女に歌を教わって声節を磨き続けた異形の法皇、後白河院がこう言われたそうです。
「おおかた詩を作り、和歌を詠み、手を書くともがらは、書きとめつれば末の世までも朽つることなし。こえわざのかなしきことは、わが身かくれぬる後、とどまる事のなきなり」
そう、声は、この世にとどまってくれない。
記録できないから、体から体へと伝えるしかなかった。でも、だからある意味、より確実であると、私は思うのです。
古形を残しているかどうかを問いたいとは思いません。それよりうかがいたいことは、実演者であるお二人が、中世このかたの、一番底辺に近いところから生まれ、地を這うようにしながら残って来たこの芸にどう惹かれ、どうして受け継ぐことになり、その芸の本質を、どうとらえておられるのか、ということです。
演目は、萱森直子さんが「葛の葉子別れ」、渡部八太夫さんが「小栗判官 鬼鹿毛」です。


<ごぜ唄>
瞽女(ごぜ)と呼ばれた盲目の女性芸人たちがうたい継いできた芸能。飾り気のない荒々しい響きと「目で見る」事に頼らないがゆえの自由さが生み出す「迫力」……越後の地でのみ生き続けてきた民謡やはやり歌などさまざまなジャンルを取り込み、涙も笑いも、縁起担ぎや祝い唄も、何でもありの豊かな娯楽芸だが、その要となるのが「祭文松坂」。長い物語を一定のリズムの三味線に乗せてしみじみと展開してゆく。
萱森 直子(かやもり なおこ)
「最後の瞽女」とよばれ「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」保持者として国から認定された長岡瞽女、故小林ハル(2005年105歳で死去)に師事。
小林ハルの伝えた3種類の節回しで祭文松坂を唄い分けることができる唯一の唄い手であり、師のすすめにより高田瞽女・故杉本シズを通して高田系瞽女唄も習得するなど、広範な演目を伝承。長岡、高田、両系統の瞽女唄を直接伝授された唯一の伝承者でもある。

<説経祭文>
その源流は、室町の頃より語りつがれてきた「説経節」にある。だが、説経節は舞台芸能としては江戸初期には衰退、代わって山伏姿の辻芸人が法螺貝や錫杖を片手に「祭文」として語るようになる。江戸後期、その山伏祭文に薩摩若太夫が三味線を合わせて寄席芸として再生させたのが「説経祭文」である。主な演目は「山椒太夫」「小栗判官」「信徳丸」「葛の葉」「刈萱」等。他の芸能にも大きな影響を与えたが、先の大戦を境に衰え、1960年代に断絶。それから30年後、渡部八太夫の「説経祭文」再生の取り組みが始まる。
渡部八太夫(わたなべ はちたゆう)
東京生まれ。小学校教員として東京の地芝居「二宮歌舞伎」の復活に関わり、子供歌舞伎創設のために邦楽(長唄、義太夫、説経節)の道に入る。 1997 年「小栗判官一代記」で初舞台。2005年薩摩派説経節家元十三代目若太夫を襲名。 2011 年 文弥人形 猿八座の座付き太夫として八太夫を名乗り、若太夫は廃業。現在は文弥節を活用して古説経、古浄瑠璃の復活上演に取り組むとともに、説経祭文の現代的再生に挑戦している。
2017年6月14日
玉川奈々福
posted by ななふく at 02:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする