プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目興行を行う。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGIMG_0241.JPG撮影森幸一112.JPG撮影森幸一・御堂義乘

NEWS!奈々福の初CD発売! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、プロジェクト福太郎へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、プロジェクト福太郎へ(090-7001-6867 
ナナ福onついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa
奈々福HOMEhttp://www.geocities.jp/tamamiho55/
춢⨛

2016年12月09日

「噂の玉川奈々福キネマ更紗」上映会が無事に終わって……。

「噂の玉川奈々福キネマ更紗」、たくさんのご来場、ありがとうございました。
終わって、ちょっと呆然としております。
完成品を見たのは、皆さんと一緒、当日の上映でした。
前日に田島監督から来たのは、ナレーションの入っていない、映像だけのもの。
でも、当日見たら、また編集が変わっていた。
で、完成品の、ナレーションがなんと弟弟子だった(これがまた、うまかった)。
映像を見ながら、
これが自分のことなのか、あすこに映ってるのはほんとに自分なのか、
と戸惑い、
こんなとてつもないことをしてもらったお礼を、どう田島監督に言っていいのか、
気持ちが定まらずあわあわしているうちに舞台に出て行ったら、
すっかり豊子師匠にかき回され……。

でも、お客様に、豊子師匠がお元気なのを見ていただいて嬉しかったんですよ!
そして久々にきものを着て舞台に立った豊子師匠が嬉しそうに華やいでいたこと!
お客様の暖かかったこと!

皆様の思いに一番応えることは、ここで美舟をおもいっきり引っ張って、ちゃんと「金魚夢幻」を演じることだ、と、そこだけは頑張り。

一人でも多くの方に見ていただきたいドキュメンタリーだったので、来ていただいてうれしかったです。
本当に激動であった二年、ずっと寄り添ってくれた田島さんの作品、
浪曲というのがどういう芸能であるのかを、わかっていただくのに、最適なものに、きっとなると思っていました。
そして、激動の私たちを見つめる田島さんのまなざしが、とても優しいものであることも、わかっていました。
だから、事前に見ていなくても心配していなかった。
それから、映像をどう切り出すかの腕については、もともと田島さんは映像演出の人、
この映像(https://www.youtube.com/watch?v=FLqBjz4W34g
を見て驚愕し、すんげいっ!と思い、だから万全、信頼してた。
実際、なんとリズミカルで、よどみのないつくりであったことよ。

ただ、私は本人なので客観的には見られません。自分に見えるのは自分の欠点ばかり。
奈々福だらけのこの映画が、本当に喜んでいただけるのかどうか、ほんと、わからなかった。でも、映像見ながら笑ったり涙ぬぐったりしてくださっている皆様の様子に心底ほっとして。
そして、会の中では、田島監督、というか、もう姉のような存在のたじねえに何の感謝も伝えられないままに、私は最後まで呆然として、終わってしまいました。

こんなことをしてもらえる芸人、ほかに、いないだろうと思います。
冥利に尽きるとはこのことなのだと思いつつ、本当に、私のことなんだろうか、という信じられないような気分なのです。
あわあわしてないで、明日からもしっかり地に足つけて、頑張らなければ。

いま、「しまった、見逃した!」って思って居る方、おられますよね。
なんか、他の会場でもできないかなあ。
どなたか、上映会をうちでも、うちでも、って手を挙げていただけませんか?
たじねえと一緒に参りますので。

記念写真ぱちり。
豊子師匠が抱いているのが、田島空監督。とんでもない人です。
キネマ更紗記念写真.jpg
posted by ななふく at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

銭形平次捕物控 雪の精。

昨年は、「浪曲破天荒列伝」全五回。古典の中の破天荒な人たち。
そして今年、新作浪曲のシリーズ「ほとばしる純情浪曲」を今までに三回。
浪曲の本拠地・木馬亭にて、二年にわたる連続シリーズを開催してきました。

今回がその最終回になります。

「え、浪曲にも新作があるの?」……新作の連続公演は、トライアルなことではありました。
でも、新作という新しい血を巡らせて、浪曲をアップデートしていかないと、という思いもあり。
なにより、私は私の新作が、作品の中の人物たちが、好きなのです。
新作をつくるということは、自分の価値観を訴えることだ! 
自分の価値観をお客様と共有できるのかどうか、賭けのようなシリーズでした。そして今回最終回。

「銭形平次捕物控 雪の精」。
……と、タイトルを口にしただけで、私はじんわりと心がにじんでしまう。
この作品だけは、奈々福の自作ではありません。
野村胡堂先生の時代小説を、浪曲師・国友忠先生が許可を得て浪曲化された「銭形平次」シリーズの中の一作品で、前後編2時間の大作。
私が、一番の傑作と思っており、沢村豊子師匠にとっても特別な作品です。
冬の夜の切ない物語、人の情けの細やかさが描かれたこの物語を、国友先生の相三味線を長年務められた豊子師匠と二人で、過去三回、上演してきました。
二人で二時間。一つの物語を描き切る。
集中力と、互いへの信頼、描きたい世界を共有できること。
これがあるからできてきたことです。
ところが、去る10月6日、沢村豊子師匠が右手首を骨折するという大アクシデントに見舞われました。
……大ショック。
豊子師匠を抱きしめて泣きました。お師匠さんも泣きました。
体は二つ、心は一つで演じる浪曲にとって、曲師に倒れられるということは、
半身をもがれるようなものです。
奈々福、完全に体調を崩しました。でも、舞台は待ってくれません。
骨折されて以来、師匠の代役として、奈々福の舞台を務めることになったのは、
入門してまだ一年半の、沢村豊子の弟子・美舟です。
4月に初舞台を終えて以来月に一度、奈々福の定席を弾くのがやっとだった三味線弾きが、
秋の大舞台の続く奈々福の曲師を務めることになりました。
彼女にとってもどれほどの驚きと負担だったことか。
39度の高熱を発して目もうつろな子を叱咤激励し、稽古し、叱り、励まし。
美舟もそれに応え、おでこに冷えピタシートをはりながら、弾く、弾く、弾く……という日々が続きました。
次の舞台のために稽古、稽古。そして、舞台、舞台。
二か月で、美舟は驚くような成長を見せております。

豊子師匠は順調に快復されて、もう三味線の稽古も始めておられますが、ゆっくりリハビリを続けておられ、復帰は、早くて2月とご自身で決めておられます。

「銭形平次捕物控 雪の精」。
私にとって思いの強いこの大作も、
そういうわけで、美舟が務めさせていただくことになりました。
稽古をし、がっつり組んで、演じさせていただきます。

浪曲にとって三味線は命。私は豊子師匠という名人に恵まれ、育てていただいてきましたが、
いつのまにか育てる立場になりつつあります。
未熟な三味線相手の舞台は、力が倍、要りますが、
ひと撥多い、ひと撥少ないと、豊子師匠の手を熟知する私が、
豊子師匠を目指す美舟を指導しております。
渾身とは、ほんとうに、ほんとうに、このこと。
……武春師匠が亡くなられ、責任ある舞台が増え、激動であった今年の、
そして二年続けてきたシリーズの、総決算のような舞台。
どうか、聞いてください。

ぜんぶ新作。奈々福のほとばしる純情浪曲!最終回「銭形平次捕物控 雪の精」長編浪曲一挙口演
ほとばしる5美舟.jpg
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
■日時 12月24日(木)18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭
■会場 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
■木戸銭:全席自由 前売・予約3000円 当日3500円
■予約 プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
posted by ななふく at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

1月の予定。

長旅続きの霜月を体調も崩さず何とか乗り切り。
美舟ちゃん、さくらちゃん、大変だったわねえ。おかげさまでなんとかかんとか。
益城の被災地を見、豊子師匠の源流も訪ね、ナオユキ兄さんのほとばしりを浴び、出雲大社に芸道精進を誓った熊本佐賀広島松江の旅も、武春師匠追悼の静岡の旅も、あー楽しかった大阪神戸九州の旅の報告もしたいんだけれど、その余裕がないっ!
大阪、ほとばしりましたよ、繁昌亭では東京でやったことないこといろいろやっちゃいましたし。
九雀師匠との打ち上げも、曲師の会のゆるゆる三味線も、仏光寺大阪別院の本堂のすばらしさも声の響きの良さも、住吉街道正覚寺さんで節談説教の萼先生との会の面白さも、書きたい事はいろいろあれど、ブログがほぼ情報板と化しているのが切ない。
そのときどきに思うことはツイッターでつぶやいたりもしてますが、それすらできないことも多く。

師走。走っております。
取材が多い! ありがたいことです。なんといってもですね、皆さん!
今月末発売の「東京人」2月号は、大・大・大、「浪曲特集!」なんですよっ!
86頁にわたって、対談、取材記事、歴史、ガイド。
私心配なんです。
……だ、だ、だいじょうぶなんだろうか(いろんな意味で)。
でも、それ以外にも、さまざまな場所で浪曲を取り上げていただく機会が増えています。
木馬亭や火曜亭の入りもよく、協会の浪曲教室も大盛況。
落語の立川談四楼師匠が「浪曲、キテるね!」とおっしゃってくださったのを、いやいや……と顔の前で手をぴらぴらさせてたんですが、注目度が上がっていることは確か。
これに、浪曲師たちが、どう、応えるか、が問われるのだと思います。
とくに、これから先を担っていく若い演者たちが、問われていると思います。

で、1月なんですが。
奈々福、中旬以降日本にいません。えええええええっ!!!
クルーズ船にのってタヒチにいってきまあす。
といってもタヒチを楽しむほどバカンス旅ではなく、とりあえずずっとお船の中。
お船の中で、浪曲して、途中環礁とかちょびっと寄って、景色楽しんで、タヒチ着き次第、飛行機で帰国。
……タヒチ行ってタヒチ楽しめず帰って来る。号泣。
ほんとは豊子師匠と「お師匠さん、たまにはのんびりしたこんなお仕事もいいですね〜」「そうだね〜」なんて、二人でバカンス気分の予定が、なんと美舟ちゃんと二人旅になろうとは……。
美舟はあまりの人生の変転に、目を白黒させております。
とにかく、勝負は前半!
1月定席、あうる寄席、そして、太福との「二人天保水滸伝」、姜信子さん企画の語りと舞踊の会。
来て下さい。
とくに「二人天保水滸伝」は、玉川を受け継ぐ二人でありながら、それぞれ違う角度から、天保水滸伝にアプローチをします。その流れの中に生きることになっちゃったものとして、天保水滸伝への思いも語りたいと思います。

それから、年明けから、奈々福の事務所名を2004年以来馴染んだ「プロジェクト福太郎」から、ゆえあって「ななふく本舗」と改名いたします。
ご予約は「ななふく本舗」に。電話番号やアドレスは変わりません。

1月2日(月)浪曲定席木馬亭新春特別公演@木馬亭11:00〜
出演:富士実子 国本はる乃 東家一太郎 玉川奈々福 鳳舞衣子 浜乃一舟 イエス玉川(漫談) 〜仲入り〜 神田茜(講談) 国本晴美 東家浦太郎
木戸銭:2500円(25歳以下半額)
★お正月の木馬亭は特別興行で、3日まで11時開演となります。漫談で、イエス玉川師匠がご出演される他、なんといっても東家浦太郎師匠のご復帰が目玉! そして、春以来体調を崩しておられた木馬亭のおかみさんが、お元気になられ、先月から、ときどき木戸に顔を出されるようになりました。お正月もきっと! あとは豊子師匠の復帰を待つのみ。リハビリは順調です。嬉しい新年になります。
1月木馬.jpg

1月3日(火)浪曲定席木馬亭新春特別公演@木馬亭11:00〜
出演:国本はる乃 澤勇人 玉川太福 玉川奈々福 澤順子 東家若燕 柳家松太郎(紙切り) 〜仲入り〜 神田紫(講談) 東家浦太郎 富士路子
木戸銭:2500円(25歳以下半額)

1月4日(水)あうるの街のお正月@東池袋 あうるすぽっと14:00〜
司会・落語パフォーマー尻流複写二(シリル・コピーニ)   
出演:玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村美舟)神田鯉栄(講談)
あうるすぽっとで初笑い!
日本の伝統語り芸を代表する落語、講談、浪曲の三本立て!
お正月の風情いっぱいに新春を寿ぐ演目が並びます。
司会はフランス人落語パフォーマー!? わかりやすく公演をナビゲート!“前代未聞”な寄席のカタチ、、、
「新春・カタリ亭」乞うご期待!全席自由 おとな 1,000円 こども(高校生以下) 500円
※3歳以下は保護者の膝上無料
http://www.owlspot.jp/
TEL:03-5391-0516(10:00〜19:00)
※12月19日、12月26日〜1月3日をのぞく
★きらり改め、神田鯉栄さん、そして先日打ち合わせで初めてお会いしたフランス人落語家のコピーニさんと、新春初笑い、ラジオDJブース形式で、おしゃべりだくさんのあとに、それぞれの芸を聞いていただきます。
あうる.jpg

1月7日(土)奈々福・太福の二人天保水滸伝@亀戸駅前カメリアプラザ和室14:00〜
出演:玉川奈々福「風説天保水滸伝 助五郎の義侠」(伊藤桂一原作 奈々福作)
   玉川太福「繁蔵売りだす」(芝清之作)
   玉川太福「笹川の花会」
   玉川奈々福「平手の駆け付け」
曲師:玉川みね子 沢村美舟
木戸銭:3000円(全席自由 限定60名) 
予約問合せ:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
★天保水滸伝。今年、伊藤桂一先生原作の新しい物語を二つ、作りました。これを作ったことによって、天保水滸伝の世界がぐっと豊かにふくらんだと思っております。他ではない組み合わせのこの姉弟による、講談で言うと車読み、ということになるのですよね。物語の流れに従って、演じます。
2016-12-04 二人天保水滸伝 001.jpg

1月7日(土)【特別企画】 旅するカタリの夜 第一夜◉なにかが道をやってくる(屋敷妙子「さまよい安寿」原画展内イベント)@馬喰町ART+EAT18:00〜
浪読「八百比丘尼の話」
玉川奈々福( 浪曲師) ×堀川久子( 舞踊手)
説経祭文「三庄太夫 骨拾之段」
渡部八太夫( 祭文語り) ×堀川久子
絵師 山口愛
楽師 今村純子
狂言回し 姜信子
声には声の物語があるように、
絵には絵の声なき物語があるのです。
旅するカタリは、
妄想、創造、放浪の旅をゆくイキモノたち、
呪いを祈りに、沈黙を歌にかえるイキモノたち、
狐もいれば、
大蛇もおります、
どうぞ会いに来てください。
料金:前売 3500 円 当日 4000 円 (1ドリンク付)
予約:馬喰町ART+EAT tel:03-6413-8049 email:info@art-eat.com
★毎度おなじみ盟友であり作家の姜信子さんの企画。舞踊手の堀川久子さんとは、ずっと、一緒に何かしたいと思って居たのが、この日、ようやく実現します。奈々福はたぶん姜さんのテキストを三味線弾きながら読み、堀川さんが、踊る。八太夫師匠の説教祭文も、すばらしいです。そして会場には、屋敷妙子画伯の、これまた魅力的で不思議な絵……めくるめく語りの深みに足をとられてしまうような、会になると思います。
さまよい安寿.jpg

そして、奈々福は11日からおふねにのります。月末帰って来ますが、洋上ゆえネットはほとんど届かないと思います。連絡がとれなくなりますが、どうかご了承くださいませ。
美舟ちゃんと、きっとお船のなかで毎日お稽古。あとは実演。ほかにすることないし。のんびり。
posted by ななふく at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

田島空監督のこと。

「ねえ、奈々福さん、舞台の記録ってとってあるんでしょ?」
ちょうど、二年前。あるご贔屓さまの肝入りで開いていただいた、向島の料亭での浪曲会。
もう数回目だったその浪曲会に、毎回来て下さっていた田島さんから、打ち上げの場で、そう言葉をかけられた。
「そんなのないですよ〜」
「え!?」
しばしの沈黙のあと。
「それなら……私のカメラでよければ撮りましょうか?」
田島さんは、とある企業の広報で、映像演出をお仕事にしておられる、映像のプロ。
でもって、その翌月、「銭形平次雪の精」を豊子師匠と二人で稽古している場に、田島さんはカメラを持って現れたのであった。

それから彼女はどれだけ私を追いかけてくれたことか。
都内の寄席ばかりではない、那須、宮城、神戸、大阪、熊本、佐賀。
浪曲ばかりではない、他ジャンルとのコラボの舞台や、弾き語りの舞台まで。
最初の一年間の、記録ダイジェストが、これです。
https://www.youtube.com/watch?v=5ccDvvHHOqc

嬉しくありがたいものの、すべて手弁当の活動、どうなることかと、追いかけられながらも思っていたが、一年経っても、彼女はカメラを持って「奈々福さん、撮っていい?」と満面の笑顔で現れる。
曰く、「この映像活動は、奈々福さんの活躍の幅が飛躍的に伸びるに従い予想外の展開を見せ、今なお予想外の連続に目を離せないでいる」とのことだが、活動が飛躍的にのびたかどうかは措くとして、確かにこの二年、予想外のことが次々と起こったことは確かだった。

入門20年の節目の連続公演企画を開始し、お蔭さまで盛況ではあったが、そんなさなかに、豊子師匠に弟子が入って、常に仕事に付いて回るようになった。
ちいさい声で言うと、ワタクシ的には面倒みなくちゃならない子が増えた。だって、師匠たる人があまりに放任なんですもの。私の弟子じゃないけれど、チーム奈々福に見習いっ子が入ってきたようなもんだった。
「アンタ稽古台になっとくれよ」
泣……ワタシはワタシのことで手いっぱいなんだけど、たしかに浪曲の三味線は、三味線弾ければいいのではなく、太夫と稽古しなければ稽古にならない。稽古台になって教えるようになった。
そして節目企画が無事終わった頃、初の海外公演があり、その最中に、信じられないことに……。
国本武春師匠が、亡くなられた。

奈落の底にいる気持ちで迎えた新年だった。
ところが木馬亭新春公演で、若手たちの浪曲を聞いて、どきっとした。
みんな、伸びてる。すごく、伸びてる。
尊敬する先輩たちがいらして、その先輩たちを失うたびに落ち込む、失い続けだと思ってた。
下から、まるで萌えいでる若葉にふかふかと支えられるような、あたたかなものを感じた新年だった。
二年目の連続自主公演も盛況で、順調だった。
ところが……。
なんということか、ここにきて、豊子師匠が骨折、入院、手術。
芸の上での伴侶の、不在。
半身をもがれたようなもので、私は完全に体調を崩した。
それでも高熱があろうが、喉が痛かろうが、仕事だ。そして、仕事には三味線が必要だ。
師匠不在の穴。弟子の美舟に頑張ってもらうしかなかった。
入門一年半、初舞台からまだ半年だが、この子は沢村豊子を、目指している。
豊子師匠のようになりたいと三味線を学んできて、一年半、私と豊子師匠の舞台を見続け聞き続けている。
だから、他のお三味線には要求できないこと、「豊子師匠と同じように弾いて」と、この子には、要求できるのだ。
できるわけはないけれど、目指すものが共有できるのだ。
それにしても、入門一年半の子に降りかかる、次から次への大舞台、秋の超多忙なスケジュール……。
可哀そうだった、ほんとうに。

という混乱状況のなか、田島さんは撮り続けていた。
びっくりするほどそばに居て、びっくりするような質問をし続け、カメラを回し続けていた。
でもって「奈々福さん記録するの、もはやワタシのライフワークだからっ!」とさえ言い出した。

そんな田島さんのライフワークの、途中経過記録が上映されます。
とりあえず、一回限りの上映会。浪曲の実演とトークもつき、リハビリ中の豊子師匠もトーク出演します。
まだできてないんで、私も見てません。だって、昨日もカメラ回してたし。
どんなことになるのやら。
目撃者になっていただきたいのです。
よろしくお願い致します。
セーラー服おじさんと.jpg
奈々福のスタイリスト、シオさんのパーティにて、弾き語りしたときの奈々福とセーラー服おじさんと、田島空監督。
しかし、二年つきあっているけど、田島さんて、何者???

「噂の玉川奈々福 キネマ更紗」
■日時 12月7日(水) 18:30開場 19:00開演(終演21:15予定)
■会場 深川江戸資料館2階小劇場(「清澄白河駅」下車 徒歩3分)
■構成 第一部:ドキュメンタリー上映
第二部:トーク&浪曲実演 
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、沢村豊子(トークゲスト)、田島空
■木戸銭 前売り3000円 当日3500円(全席自由)
■予約 オフィスマツバ 050−3497−5500 rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
上映会チラシ.jpg
posted by ななふく at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月の予定!

寒くなりました! 豊子師匠は懸命にリハビリ中。経過は大変順調ですが、慌てず、のんびりゆっくり、万全を期して復帰していただこうと考えておりますので、今月もお休みしていただきます。
今月は、奈々福映画上映、「銭形平次雪の精」、そして「イナンナ」など!

3日(土)「奈々福のおはようライブ ほとばしる浪花節!」@木馬亭10:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
木戸銭:500円(朝一番の笑顔つき!)
★39回目のネタおろしライブです。これは運動能力を保つために、ずっと続けるのです。今回は赤穂義士伝より「赤垣源蔵徳利の別れ」です。武春師匠の、あの傑作演題です。あの名作……武春師匠の名調子が、まだ皆様の記憶に強く残っていることでしょうが、お許しを得てやらせていただきます。
0001(3).jpg

5日(月)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:港家小そめ 澤勇人 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 澤順子 東家孝太郎 神田すず(講談)三門柳 国本晴美
木戸銭2000円(25歳以下半額)
★定席の客席の風景が、ここのところ変わってきているなと感じます。さまざまな場で浪曲に出会って、聖地・木馬亭に足を運んでみようと訪れてくださる果敢なお客様が増えている!この間なんか舞台から見て居て「うわ、女子率高!」と驚きました。ぜひ。

6日(火)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:港家小そめ 国本はる乃 玉川太福 富士鷹雄 玉川ぶん福 一龍齋貞橘(講談) 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 澤孝子
木戸銭2000円(25歳以下半額)

7日(水)「玉川奈々福のキネマ更紗」@深川江戸資料館19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)沢村豊子(トーク)田島空
木戸銭:予約3000円
■日時 12月7日(水) 18:30開場 19:00開演(終演21:15予定)
■会場 深川江戸資料館2階小劇場(「清澄白河駅」下車 徒歩3分)
■構成 第一部:ドキュメンタリー上映
第二部:トーク&浪曲実演 
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、沢村豊子(トークゲスト)、田島空
■木戸銭 前売り3000円 当日3500円(全席自由)
■予約 オフィスマツバ 050−3497−5500 rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
★田島空監督が2年間、奈々福を追いかけてくれたドキュメンタリ映像がいよいよ、公開。この日は、上映を見ていただいてから、トークと、浪曲実演も一席あります。豊子師匠は日々リハビリ中ではありますが、トークで出演してくださいます。奈々福の一席の曲師は、弟子の美舟が務めます。
田島監督の言葉はこちらに。
上映会チラシ.jpg

8日(木)浪曲日本橋亭@お江戸日本橋亭13:00〜
テーマは「忠臣蔵!」
出演:澤勇人 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 花渡家ちとせ 富士琴美
木戸銭:予約1500円 当日2000円
★二代目勝太郎先生ゆずりの、「俵星玄蕃」をかける予定(久々!)です。
日本橋亭12月.jpg

9日(金)国本はる乃勉強会@道楽亭(新宿二丁目14-5)19:00〜
出演:国本はる乃(曲師:玉川奈々福)2席 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
木戸銭:2000円(別途3000円で打ち上げあり)
予約:03-6457-8366 道楽亭
★伸び盛りのはるちゃんの、三味線務めます。曲師2席と、ゲスト浪曲師として1席。ちょっと変な感じですね。

10日(土)渋谷らくご@ユーロライブ14:00〜
出演:入船亭小辰 柳亭小痴楽 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 春風亭昇々
チケット・料金などは右サイトへ。http://eurolive.jp/shiburaku/
★2周年経ったシブラク。今月は若者の中に唸るお姉さん放り込まれる、の巻!

15日(木)奈々福・太福の浪曲浮かれナイト 清き流れの玉川姉弟会vol.16@らくごカフェ(神田神保町 古書センター5F)19:00〜
玉川太福「任侠流山動物園」作・三遊亭白鳥
玉川奈々福「赤穂義士銘々伝より 赤垣源蔵徳利の別れ」
曲師:玉川みね子。姉弟のトークコーナーあり(^^♪
木戸銭 予約1800円 当日2000円
予約:らくごカフェrakugocafe@hotmail.co.jp 03-6268-9818
★弟弟子との会も、もう16回目。早いものです。義士と新作……どういう流れになるのか? この会はトークがあり、またトリをとるのは太福です。
0001(2).jpg

18日(日)拝鈍亭@雑司ヶ谷本浄寺(豊島区雑司ヶ谷1-51-18)17:00〜
出演:玉川奈々福 2席(曲師:沢村美舟)
★雑司ヶ谷の本浄寺さんの、ご住職がつくられた室内楽用の小さなホール「拝鈍亭」。ここの声の響きは最高です。ここでまた浪曲会をさせていただきます。入場料はたしか、1000円以上のお賽銭だったと思います。

20日(火)毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間(台東区雷門1-10-4)19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 東家孝太郎(曲師:玉川奈々福)
木戸銭:1500円(お茶+お菓子つき!)
★豊子師匠不在で大変! わたくしにまで三味線の出番がまわってきます。孝太郎くんを弾かせてもらうのは初めて。稽古してくれよう! 終演後は、茶話会ではなく、毎度ほとんど酒話会と化している宴会。武春師匠がつくってくださったこの場が、お客さんがついて、育っています。ほんとうに、嬉しくありがたい。

21日(水)忠臣蔵でござる 紅白根多合戦@イイノホール19:00〜
出演 <白組>柳家小満ん 柳家喬太郎 春風亭一之輔 三遊亭天どん
   <紅組>神田茜 玉川奈々福 沢村豊子 柳亭こみち
    <司会>寒空はだか
木戸銭:全席指定4200円 予約はこちらを見てください。
★昨年に引き続き、「忠臣蔵でござる」に出演させていただきます。今年は忠臣蔵な根多(ネタ)を紅白にわかれて競いあう企画で、演題は以下のとおり。
        〇
   柳家小満ん 「山岡角兵衛」
   柳家喬太郎 (おたのしみ)
   春風亭一之輔&三遊亭天どん「今宵限定忠臣蔵漫才」
   神田茜    「スキスキ金右衛門さま」
   玉川奈々福 「赤垣源蔵徳利の別れ」
   柳亭こみち 「四段目」
客席にまわって見たい企画でございます。ぜひぜひ!

23日(金)(一社)日本浪曲協会企画公演「大忘年会!」@木馬亭13:00〜
出演:第一部浪曲の部
富士路子 鳳舞衣子 玉川こう福 富士琴美 澤順子
   第二部 浪曲天狗道場(事前エントリー制参加費5000円でアコガレの三味線で唸れます。限定10名様まで)
   第三部 余興の部(協会所属浪曲師たちによる「裏芸」大会!)
木戸銭:全席自由3000円 予約なし
★恒例の大忘年会です。浪曲の部は、このたび看板披露をした平成6年入門組のお披露目公演となります。
第二部は浪曲師たちにより余興、また、恒例の「浪曲天狗道場」もあります。事前エントリー制で別途参加費5000円。
アコガレの曲師の三味線 で一節唸れるという夢のコーナー。先着10名様に限定させていただきます。
客席の後ろではこもかぶりを割って、日本酒を飲みながら演芸を楽しんでいただこうと。
この公演は、ご予約はございません。当日ぶらりとおこしくださいませ。
チラシ案1st_B-1.jpg

24日(土)ぜんぶ新作。奈々福のほとばしる純情浪曲!最終回「銭形平次捕物控 雪の精」長編浪曲一挙口演@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
★昨年の「浪曲破天荒列伝」全五回に引き続き、今年開催してきた「ほとばしる純情浪曲」いよいよ、最終回です。
「銭形平次捕物控 雪の精」。これは戦後放送浪曲で大活躍し、沢村豊子師匠が長年相三味線をつとめられた国友忠先生が、野村胡堂先生の『銭形平次捕物控』を浪曲化したシリーズの中の一作で、二時間の長編浪曲、大傑作です。四度目の一挙口演になります……が。
 沢村豊子師匠の怪我により、なんとこの大作の曲師を、弟子の沢村美舟が一人で務めることになりました。師匠不在の穴を曲がりなりにも埋めようと、入門してまだ一年半の子が必死で、涙ぐみながら、私についてきています。まさか、これを美舟とやることになろうとは……二人顔見合わせて呆然としておりますが、懸命に稽古をし、本番に臨みます。雪の夜の切ない物語。ぜひとも、聞いていただきたいのです。

■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
■日時 12月24日(木)18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭
■会場 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
■木戸銭:全席自由 前売・予約3000円 当日3500円
■予約 プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
ほとばしる4表.jpgほとばしる4裏.jpg

25日(日)奈々福・貞寿二人会@お江戸日本橋亭13:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 一龍斎貞寿 いずれも2席ずつ
開口一番:田辺いちか
木戸銭:予約2500円 当日3000円 
主催:神保町講談会 予約:hukutomatu@yahoo.co.jp(会の名前・お名前・連絡先・枚数)
★仲良し貞寿ちゃんと、思えば初の二人会。まあ。真打昇進直前のアゲアゲな彼女とがっつりやらせていただきます。

27日(火)イナンナの冥界下り@セルリアンタワー能楽堂19:00〜
配役
イナンナ(シュメールの女神) 奥津健太郎(能楽師狂言方)
イナンナの声 辻康介(歌手)
エレシュキガル(冥界の女神) 杉澤陽子(能楽師シテ方)
ニンシュブル(イナンナの大臣) Junko☆(ダンサー)
ネティ(冥界の門番) 蛇澤多計彦(ダンサー)
ネティの声 玉川太福(浪曲師)
語り+三味線 玉川奈々福(浪曲師)
音楽 槻宅聡(能楽師笛方)、ヲノサトル(電子音楽)ほか
コロス 安田登(能楽師ワキ方)、実験道場(演劇・ダンスユニット)ほか

■日時 12月27日(火)18時15分開場 19時開演
■場所 セルリアンタワー能楽堂
■料金 全席自由5,000円(てんらい会員は1,000円引き)
   ※指定ご希望の方は1,000円にて承ります。
■予約 てんらい事務局 event@inana.tokyo.jp 080-5520-1133(9時〜20時)
★私が浪曲以外で力を割いているのが、他のジャンルの古典芸能とのコラボで、一昨年から頑張って居るのがこの企画です。世界最古の神話、紀元前3000年頃メソポタミアで成立した「イナンナの冥界下り」。一昨年の二期倶楽部で初演し、数々上演を重ねて来ましたが、今までとは、キャスト、演出を一新、台本にも手を入れた新バージョンを発表・上演いたします。天地を統べる女神イナンナに奥津健太郎(能楽師狂言方)、エレシュキガルに杉澤陽子(観世流能楽師)を迎えます。
奈々福は、三味線と語りで参加。能、狂言、浪曲……日本の伝統芸能の身体性をフルに生かして、太古の神話をよみがえらせる試みです。
昨年の能楽堂公演は、昼夜公演があっという間に一杯になり、また4月の西徳寺公演
もお立見の出る盛況でした。どうかお早目にご予約をお願いいたします。
イナンナ表.jpg

28日(水)奈々福の“ガチンコ”浪曲講座@カメリアプラザ和室
★募集を締め切っております。

おまけ!
先日、高田文夫先生のビバリー昼ズ出演時の記念写真!
ビバリー昼ズ.jpg

追伸:年明けの、2017年1月。奈々福は中旬から海外公演に出かけます。月末帰国予定で、1月はほぼ日本にいません。12月のうちに、がっつり奈々福を、見て、聞いておいていただきたく、伏してお願い申し上げます!
posted by ななふく at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

【お詫び告知】豊子と奈々福が美舟を鍛える会最終回について

10月31日(月)「豊子と奈々福が美舟を鍛える会」@カメリアプラザ和室19:00〜
奈々福の、美舟を鍛えながらの講義のあと、美舟で一席、豊子師匠で一席という形で先月、先々月とお送りしてまいりました。
企画として大変好評、皆様に「この企画いいね!」「いままでずっと聞いていてわからなかった浪曲の仕組みがよくわかるよ!」ととてもよろこんでいただいて、私も嬉しかったのです。
来週の最終回、手首骨折で弾くことはままならないものの、豊子師匠が美舟の、指導と、ご心配をおかけしたお客様へのご挨拶だけには、来ていただける予定になっていました。

が。

「アンタ、焦らないでおくれよ。あたしはいまリハビリで精一杯!」

………ええええええーっ!

ということで、豊子師匠はいらっしゃらないことになってしまいました!
お客様には心よりお詫び申し上げます。
実際、ハビリに邁進して1日も早く舞台復帰を目指しているお師匠さんの気持ちを優先したくもあります。
「今日はここまで手首曲がったよ」
という報告を楽しみに、復帰の予定を探っておりますが、この際、のんびりゆっくり、リハビリしてほしい気もちもあります。

どうか、どうかお許しくださいませ!
当日は奈々福が美舟を鍛えつつ、美舟の三味線で二席務めさせて頂きます。

とりあえず、撥を持つことのお許しが出るのが11月23日くらいだそうです。
なので、来月いっぱいは豊子師匠にのんびりリハビリしていただこうと思っております。
従って、11月後半の予定も更新しております。

どうかご理解賜りたく、またその間をつないで奮闘する、奈々福とさくらと美舟を応援してくださいまし!
posted by ななふく at 13:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

豊子師匠の怪我の経過および今後の予定。

沢村豊子師匠に、たくさんのお見舞いメッセージを賜りまして、心よりお礼申し上げます。

おかげさまで、手術が無事済みました。
手首にステンレスのプレートとボルトが入り、サイボーグ豊子になりました。
三味線の名人であることをよくよくお医者さまに伝えて、最善の方法をとっていただき、
腱の長さの微調整までしていただいたので、前より疲れにくくなるそうです。

手術の目覚めもよく、ぱっちり目を開けたかと思うと私の目を見ていきなりしゃべりはじめ。
その日のうちには腕を動かし、立って歩いてました。
皆様からのお見舞いのメッセージを読んだときだけ、ちょびっと涙こぼしてました。
翌日からはもうリハビリ開始。
すこぶる順調、元気もりもりで、びっくりするほどであります。

とはいえ、リハビリにも段取りがあり、経過を見つつですが、今月はお三味線持つまでには至りません。
というわけで、今月の仕事、曲師は以下に変更になります。

16日(日)奈々福浪曲の宴@豪徳寺・ガーデンオブジョイキッチン19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)2席
木戸銭:予約2500円 当日3000円
予約:h-yawata@docomo.ne.jp 03-6265-7430

17日(月)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:桂三木男 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)春風亭柳朝 春風亭一之輔
チケットの値段はいろいろあって。詳細はこちら:http://eurolive.jp/shiburaku/
★一之輔師匠がトリの会の二番手。とっても楽しそうです。

22日(土)講談と浪曲でつづる天保水滸伝の会@千葉県東庄町公民館大ホール14:00〜
出演:神田松之丞(講談)「鹿島の棒祭り」
玉川太福(浪曲)「笹川の花会」(曲師:玉川みね子)
玉川奈々福(浪曲)「亡霊剣法」(曲師:玉川みね子)
神田愛山(講談)「三浦屋孫次郎の義侠」
入場料:2000円 申し込み:東庄町商工会0478-86-3600
★「天保水滸伝」の故郷、東庄町で、全編「天保水滸伝」の会です。東京からも大勢お客様お見えくださると思います。愛山先生の「三浦屋……」は何度聞いても、震えます!

23日(日)渦38「たおやめ渦」@下北沢 しもきた空間リバティ14:30〜
出演:李政美+竹田裕美子 玉川奈々福+玉川みね子 三遊亭粋歌
料金:3000円(全席自由)
予約:uzumarishiro@icloud.com 03-5856-3200 渦産業
★尊敬するプロデューサー木村万里さんの「渦」にまた顔づけていただきました。メンバーは先日もご一緒した、胸があたたまって思わず涙が出て来るような包容力あるミラクルボイスの李政美さんユニットと、以前やはり渦でご一緒した、三遊亭粋歌さん。たおやめらしく、たおやかな会にしたいです。

24日(月)柳家三三・玉川奈々福二人会W@牛込箪笥区民ホール19:00〜
出演:柳家三三 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)各2席
全席指定:前売り3500円 当日3800円
予約:道楽亭 03-6457-8366 イープラスでも扱っております。
http://dourakute.blog55.fc2.com/blog-category-2.html
★三三師匠と毎年一回のこの会も、なんと、四回目です。過去三回、三三師匠とご一緒させていただくなんて、どうしていいか何をしていいかわからず卑怯な手ばかり繰り出してきました。今年は落ち着いて、落ち着いて、臨みたいと思っております。

25日(火)ガチンコ浪曲講座@亀戸駅前カメリアプラザ6F和室19:00〜
講師:玉川奈々福 補助:沢村美舟
★募集は締め切りました。

27日(木)ぜんぶ新作。奈々福のほとばしる純情浪曲@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福「椿太夫の恋」(アレクサンドル・デュマ・フィス原作 奈々福作)曲師:沢村美舟
ゲスト:中川敬(ソウルフラワーユニオン、ヴォーカル)
前読み:東家孝太郎「父と子と 大石主税物語」(稲田和浩作)曲師:水乃金魚
木戸銭:予約3000円 当日3500円
プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
★奈々福の今年のメイン企画。恋のために命を賭ける女をやるなんて、私的には珍しいです。ただ泣く女ではない。一人の男に操を立てるために吉原全体を敵に回して、ストを打つほどの強い思いです。中川敬さんに木馬亭に来ていただけるの、超嬉しい! 

29日(土)しのまつり@雷門5656会館で一席 曲師:沢村美舟

31日(月)豊子と奈々福が美舟を鍛える会@亀戸駅前カメリアプラザ6F和室19:00〜
出演:玉川奈々福 沢村美舟
木戸銭:2500円(全席自由60名限定)
★ここには、豊子師匠、参加していただこうと考えています。弾けなくっても、美舟を指導することはできるので。つまり、豊子師匠の舞台復帰第一弾! 美舟が茶碗屋敷と、もう一席務めさせていただきます。
プロジェクト福太郎 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp

豊子師匠のお弟子ちゃんの沢村美舟。
入門してまだ一年半。舞台デビューしてまだ半年。
そんな子が、こんな大舞台続きで耐えられるのかとご心配かと思います。
私もひやひやしましたが。
すでに8日の大倉山記念館での独演会で2席、11日のさばのゆでの独演会2席、今日のかつしか下町寄席で1席を弾きました。
今まで覚えた手だけでは対応できない演題を今月弾かなければならず、稽古稽古の毎日でもあります。
ところが本人、弾くのが嬉しくてたまらないらしく、どんどん吸収し、どんどん覚えております。
ひと撥多いよ、ひと撥少ないよ。
そこはアクセントの付け方が違う。
左手がもっと泣かないとダメ……と、新人に対しての要求ではないレベルで要求していますが、
応えてきます。
いま、聞き時ですよ。
若い曲師が、この状況下で、ひとつきでどれくらい伸びるのか、それを聞く楽しみ。
どうか、会にお運びいただき、伸びぐあいを見届けていただきたいと思います。

posted by ななふく at 23:46| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

豊子師匠の怪我につきまして。

豊子師匠の怪我につきまして、ご心配をおかけしております。
右の手首を、骨折されました。

6日定席のとき、お出番で、三味線の定位置につこうと、三味線を持って床几に上がろうとして、足を踏み外し、
お師匠さんいわく「三味線を守ろうとして」右の手首に全体重がかかるような形で転倒してしまったようです。
私はその場におりませんでしたが、木馬亭でだったので、すぐに前座さんがお師匠さんを病院に連れて行ってくれました。

私は電話で一報を聞き、すぐに木馬亭へ駆け付けました。
ちょうど病院から帰って来る豊子師匠と木馬亭の裏で出会い、首から三角巾下げて腕にギプスをはめられている姿を見て、抱きしめて、二人でわあわあ泣いてしまいました。
ほんとうに、胸がつぶれるような思いでした。

ところが泣きやんだご本人いたってハイで、
「こんなふうに転んだんだよ!」と、楽屋で何度も実演するありさま。
もう、やめてよ……どこを怪我したと思ってるのよと、怒りたくなってくるほど。
本当に気が気ではありません。
でも怪我をした当日の、これは高揚状態のなせるわざで、夜痛みが出て眠れなかったり、翌日熱が出たりするのではと大変心配したんですが、翌日。
「ぐっすり眠れたよ」
と、ケロリ。家にいられなくて木馬亭定席に遊びにきて、また「こんなふうに転んだんだよ!」
……勘弁してくれ。
まあ、おとなしく家にいるということのできないお師匠さんなので。

でも、大けがです。お医者さんの診断では、ギプス固定5週間とのこと。
ただ、手術をすれば、快復は早いとのこと。

周囲の、詳しい方のご意見やアドバイスを聞き、お師匠さんとも相談したうえで、手術を受けていただくことにしました。
だって、怪我の直後から転んだアリサマを実演するような人、五週間「手を動かすな!」って、不可能。
手術なら、術後すぐにリハビリを始められるそうです。
今週、手術が決まっております。
はい、付き添います。

お客様には大変ご心配をおかけして申し訳ありません。
お医者さまにお会いして、詳しいことや、完治までの見込みをこれから聞いてきますが、
とりあえず、今月の私の舞台、22日の東庄町と23日の渦は、玉川みね子師匠に弾いていただき、
それ以外は、豊子師匠の弟子の沢村美舟が弾かせていただきます。

それ以外は……美舟に弾かせる? 
4月にデビューしたばかり、まだ舞台を、9回しか弾いたことのない子に!? 大丈夫なの!?
と、思われると思います。
豊子師匠と私と二人がかりで、一年半、一生懸命に教えました。
昨日、大倉山記念館の私の独演会の舞台。
二席立て弾きするのもはじめてなら、そのうち一席は、初めて弾くネタ!
それにも関わらず、なんとか頑張りました。
豊子師匠の手を、息を、未熟ながらも少しずつ身につけてきています。

浪曲には「下手の相三味」という言葉があります。
手が回る。いろんな手が弾ける、ことが浪曲の三味線の極意ではありません。
相手の呼吸が読めること。手のうちがわかり合えていること、息が合わせられること。
そういう意味では、稽古を重ねた時間が、上手下手よりもものを云います。
豊子師匠が完治・復帰するまで、私にも美舟にも大きな試練の日々となります。

心労と重圧でへろへろになっている私であるのに、
今日の豊子師匠ったら、美容院に行って、髪を切ってもらって美人になっちゃって、
お客様からいただいたお菓子だの梨だのお見舞いだのを見比べてにこにこしてました。
人生において、陽気であること、未来を予測しないことの強さを、感じております。

各方面にいろいろとご迷惑をおかけいたします。本当に申し訳ありません。
お師匠さんの三味線の上で遊ばせてもらうような舞台とは違う、二人必死の舞台となるかと思いますが、
精一杯、務めますので、どうかよろしくお願いいたします。

2016/10/09 玉川奈々福


posted by ななふく at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

11月の予定

11月はほとんど浪曲旅芸人です。熊本→佐賀→広島→松江。静岡。大阪→神戸→福岡。
合間に、上方落語の桂吉坊さんとの二人会が始まります@木馬亭。これは、注目の会です。
豊子師匠は、順調に快復されていますが、焦って復帰していただくことはせず、この期にゆっくり休んでリハビリして万全を期して復帰していただけるようにいたしますので、まず11月前半は、すべて沢村美舟が曲師を務めさせていただきます。彼女にとっては、えらいこっちゃな事態であります。
でも、育つことでしょう。温かい目で見守ってやってください。伸びる瞬間を見逃さないでください!

1日(火)定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:富士実子 東家一太郎 木村勝千代 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 港家小ゆき 神田山吹(講談) 三門柳 富士琴美
http://rokyoku.or.jp/index.php?%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E4%BA%AD

2日(水)定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:富士綾那 東家孝太郎 玉川奈々福(曲師:未定) 大利根勝子 花渡家ちとせ 神田蘭(講談)天中軒雲月 澤順子
★11月の木馬亭は、10月に看板披露したお姉さんたちがトリをとる番組となります。意気込みのこもった浪曲を聞いていただきたいとおもいます!

3日(木・祝)寺子屋@熊本県益城町阿弥陀寺 13:00〜
毎年呼んでいただいている、阿弥陀寺さん。4月の大震災では益城町は大きな被害を受けました。お墓も壊れて、骨壺が散乱したりしたのを、宗派を問わず預る活動をされ、地域の心のよりどころとなっておられます。なにもできないけれど、皆様にお会いしに、ひととき楽しんでいただけるように、阿弥陀寺さんとのご縁をつないでいただいた能楽師の安田登先生、そして療養中の豊子師匠のピンチヒッター、美舟とともにうかがいます。浪曲一席+漱石と能楽と題して、たぶん「夢十夜」などを語ります。

4日(金)どきどき奈々福浪花節@シアター・シエマ(佐賀市松原2-14-16セントラルプラザ3F)18:30開場 19:00開演
玉川奈々福(曲師:沢村美舟)2席
料金:予約・前売 ¥2,500 当日 ¥3,000
問い合わせ:0952-27-5116 シエマ
★豊子師匠が、浪曲界に入ることになったまさにその場所が佐賀劇場でありました。昭和23年のことです。佐賀劇場はいまありませんが、その跡地からすぐのシエマでの浪曲会。お師匠さんと、その地を歩いてきたいと思ったけれど、今回はお留守番。写真を撮ってきてあげたいと思います。70年前の面影はあるのだろうか。

5日(土)ナオユキ&奈々福二人会@南区民文化センタースタジオ18:00〜
出演:ナオユキ(スタンダップコメディアン)、玉川奈々福(浪曲師)、沢村美舟(曲師=浪曲三味線)
木戸銭:シングル3800円(当日4000円)、ペア7400円
(予約)090-9570-4579 namarakugo@ae.auone-net.jp
★毎度お世話になっている、「広島で生の落語を聴く会」Uさんの企画です。ナオユキ兄サンとまたご一緒できる、嬉しい。

6日(日)第三回浪曲口演会松江公演@松江テルサ1階ホール(松江駅前)13時半〜
出演:玉川奈々福(曲師・沢村美舟)、なないろ三味線・虹友美
前売り\2000。予約・問合は安部重利さんへ。sghr-abe@ms6.megaegg.ne.jp
★去年は武春師匠がご出演された会です。懸命につとめます。松江は、小泉八雲の所縁深い土地。一度行きたかったところです。楽しみです。

8日(火)浅草の某町内会にて浪曲!

9日(水)あとまわシスターズのスタイリスト塩さんのパーティで弾き語り!

10日(木)みちゆき〜奈々福・吉坊二人会〜第1回公演「珍道中に華が咲く」@木馬亭19:00〜
夢、現の道行きか、雪のように消えてしまう、それは未知なる旅路か。十万億土か絹の道、獣道やら恋の道、……今宵はどこまで行きましょうか。
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)「寛永三馬術より大井川乗り切り」
   桂吉坊「小倉船」(お囃子:恩田えり)
各1席ほか、濃ゆいトークあり。
木戸銭:3000円(自由席)
ご予約は、akagi@f-1994.co.jp、または090-3206-5871(赤城)
みちゆき.jpg
★上方落語の吉坊さんと、いちおう10回連続を目指しての会です。吉坊さん、えっらい芸能に詳しいので、マニアックトークになるかと思います。私、たぶん聞き役です。

12日(土)グランシップ寄席〜いろはのめぐり〜@グランシップ(〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4)14:00〜
グランシップに所縁深く、2015年にお亡くなりになった講談師・宝井馬琴さんと浪曲師・国本武春さんと親交の深い話芸の演者をお呼びし、エピソードを交えながら芸を披露していただきます。
出演:五街道雲助(落語)、宝井琴星(講談)、玉川奈々福・沢村美舟(浪曲)、宝井琴柑(講談)
料金 一般3,800円  こども・学生1,000円
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
https://www.granship.or.jp/event/detail/1498
★というわけで、ここでは「英国密航」です。でも、関東節に節付けしなおして演じます。

13日(日) 静岡市某所にて浪曲会

14日(月)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:笑福亭羽光 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 瀧川鯉八 (お楽しみゲスト!)
★シブラク2周年記念興行。トリの出演者は当日のお愉しみですが、超ビッグです。いままでにシブラクにご出演されていない師匠です。超楽しみ!です。

17日(木)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ和室19:00〜<ご予約締め切りました>

19日(土)東西浪曲大会@大阪NHKホール16:00〜
出演:京山幸枝若 松浦四郎若 真山一郎 玉川奈々福(曲師:未定) ほか
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0288604/index.html
★大阪での東西浪曲大会に出演させていただきます。一席演じさせていただきます。公開収録で、応募の詳細は上記リンクを見てください。

20日(日)玉川奈々福のほとばしる浪花節!@仏光寺大阪別院本堂(大阪市住吉区苅田6丁目11−24 地下鉄御堂筋線あびこ駅)16時半〜
奈々福1席あいつとめます「浪花節更紗」フルバージョン(曲師:沢村美舟)
入場無料先着144名さま 懇親会あり(別途参加費1000円)
電話: 06-6691-1362
★東京で大変お世話になっている、竜泉の西徳寺さんからのご縁で、仏光寺大阪別院で浪曲やらせていただけることになり、大変嬉しくありがたく思っています。住吉街道で浪曲やりたかった夢が実現。

21日(月)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)
http://www.hanjotei.jp/daytime/
★繁昌亭昼席にまた出演させていただきます。嬉しい嬉しい、とっても嬉しい。東京の落語の寄席で出演しているのはシブラクだけですが、大阪の落語本拠地に浪曲で出させていただけるのはとっても光栄です。今度は六日連続。繁昌亭の出番は、沢村豊子師匠のお弟子さん、関西で活躍中の沢村さくらさんに弾いていただきます。

22日(火)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)

23日(水)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)

23日(水)いきなり九雀の日@豊中市・岡町伝統芸能館18:47〜
出演:桂九雀 玉川奈々福(曲師:沢村さくら)ご予約不要、投げ銭制

24日(木)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)

24日(木)曲師の会@百年長屋(大阪府大阪市東成区中道3丁目2)
出演:玉川奈々福 沢村さくら
曲師の会vol.7.jpg
★曲師の会です。浪曲は一席で、さくらちゃんと二人で浪曲の三味線を曲弾きしたりします。

25日(金)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)
★この日は、なんとさくらちゃんは売れていて不在。奈々福一人で三味線弾いて漫談です。木馬亭でさえやったことないことを!!!

26日(土)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜(奈々福は14:55くらい)

26日(土)〜浪曲と節談説教の会〜@正覚寺本堂(大阪市粉浜)18:00〜
浪曲:玉川奈々福 曲師:沢村さくら 2席
節談説教:壽光寺住職、蕚慶典師
席料 2,500円(当日・前売共、お代は当日申し受けます)
場所 正覚寺(大阪市住吉区東粉浜1-6-5)
南海線「粉浜」徒歩8分・四つ橋線「玉出」徒歩8分
阪堺線「塚西」徒歩3分・高野線「帝塚山」徒歩5分
詳細、お申し込みは「こころや日記」
http://cocoroya5.blog117.fc2.com/blog-entry-829.html
★「四天王寺から熊野に至る住吉街道は、貴顕の人から小栗判官や俊徳丸といった病んだ人たちが通った弱者の道ですよね」と、東粉浜のきものやさん、こころやさんに、とある会でお話をしたら、そのことをこころやさんが檀家寺のご住職さまにお話をしてくださって、それに反応してくださったご住職さまからのお声掛けでこの会が実現しました。なんという不思議な! 大阪滞在中再度住吉街道で浪曲ができる!!!

27日(日)凱風館寄席@神戸市・凱風館14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村さくら)2席
★4月に呼んでいただいたばかりの内田樹先生の道場・凱風館に、再び呼んでいただくことができました。嬉しい!前回は、MTK決起集会でしたが、今回もMTKの濃密会合になることでしょう。会長の名越康文先生もいらしてくださる予定。

28日移動日

29日(火)30日(水)福岡県赤村赤小学校にてワークショップ
★これは小学校でのクローズドのワークショップです。能と狂言と浪曲のワークショップなんて、信じられない組み合わせを二日間にわたって。なんて贅沢なワークショップなのかと思いつつ、赤小学校の生徒さん全員に体験していただきます。
posted by ななふく at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

緊急告知「海神別荘」狂言版 東京公演

「海神別荘」は、明治6年生まれの泉鏡花が、大正2年、41歳のときに書いた戯曲。芥川龍之介や三島由紀夫、澁澤龍彦が絶讃した「妖怪戯曲3部作」の1篇ですが、ここで描かれるのは、あでやかな官女たちの歌舞音曲が取り巻く海神公子の棲む海底の楼閣。海月と化した人の魂が漂う中、その楼閣へ向かうのは、人身御供として公子のもとに嫁ぐ美女……。
そんな幻想世界の物語を、本年3月にカメリアホールにて上演しましたが、この度は配役を一新し、「狂言」的演出で上演します。
狂言の作品の中には、能をパロディにした作品がたくさんあります。「もどき」の手法を使って、悲劇の中に隠れている笑いを引き出すのです。どんな笑いが!?……お楽しみに!

泉鏡花原作『海神別荘』狂言版

日時 10月28日(金)18:30開場19:00開演 
場所 北とぴあ つつじホール(東京都北区王子1丁目11−1京浜東北線・南北線王子駅徒歩2分)

泉鏡花+僧都の声:東雅夫(アンソロジスト、文芸評論家)
芸者+侍女の声:玉川奈々福(浪曲師)
侍女:Junko☆(ダンサー)
執事たち:実験道場(ダンスユニット)
沖の僧都:笹目美煕(子方)
公子:安田登(能楽師ワキ方)
女房:奥津健一郎(子方)
美女:奥津健太郎(能楽師狂言方)

音楽:ヲノサトル 森山雅之
鏡花装束:北村紗希

入場料:全席指定 予約4000円 当日4500円
予約:イナンナプロジェクト事務局 event@inana.tokyo.jp 080-5520-1133(9時〜20時)
posted by ななふく at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする