プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年01月14日

2月の予定。

大阪公演があります。天満天神繁昌亭昼席に五日間出演します。あと、高松、長崎、東庄、と旅もあります。

1日(土)寄席たいゆう亭 映画ヲ語ルの巻@紀伊国屋ホール18:30〜
出演順:カツベン 坂本頼光(楽士 宮澤やすみ)
    漫談 ナオユキ
    浪曲 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
    座談 周防正行(映画監督)&出演者一同
    活動写真弁士 坂本頼光
料金:全席指定 前売り3300円 当日3500円
チケットぴあ、 イープラス、キノチケットカウンター、キノチケオンラインにて販売
寄席たいゆう亭.jpg

2日(日)雑司ヶ谷拝鈍亭 浪曲の会@雑司ヶ谷本浄寺17:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)春野恵子(曲師:一風亭初月)
時間:16時半開場 17時開演
場所:本浄寺・拝鈍亭(豊島区雑司が谷1-51−18東京メトロ護国寺駅徒歩5分)
全席自由 千円以上のご奉志 限定60席
ご予約不要
☆久々に春野恵子さんとです。拝鈍亭はご住職さまの趣味がこうじてつくられた、室内楽用のすばらしく響きのいい小さなホール。ここで生声で浪曲ができるのは、私自身もとても気持ちいいんです。今回は二人とも、ご住職さまのリクエスト演目。ご予約不要、お早めにおこしください。

4日(火)都内でクローズの会。

【満員御礼】5日(水)玉川奈々福のイカれてイカした浪曲会vol.2@ギャラリーしあん19:00〜
開口一番:玉川奈みほ(曲師:沢村豊子 初舞台)
そのあと:玉川奈々福 2席(曲師:沢村豊子)
木戸銭:3000円 打ち上げ:3500円
☆新御徒町のギャラリーしあん。大通りを一本入っただけなのに、そこには静かな路地があり、のれんのかかった門をくぐると、小さなお庭の向こうに、素敵な古民家のしあんがあります。ここで、おひつじ亭さん主催で第一回の「イカイカ会」をやらせていただいたほか、小倉充子さんとの「夜の宴」や、近江の新之助上布の展示会での余興で浪曲をやらせていただいたことなど……思い出は尽きないのですが、3月末で閉められることになりました。もう一度、ここで会をやりたい! とおひつじ亭さんが設定してくださいました。ここで、弟子の奈みほに、開口一番を務めさせます。初舞台です。お陰様で満席御礼。弟子は、21日の道楽亭の独演会でも開口一番をさせますので、どうかそちらにいらして、応援してやってください。

6日(木)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:三門綾 国本はる乃、木村勝千代、玉川奈々福〜仲入り〜天光軒満月、一龍齋貞山(講談)、大利根勝子、三門柳(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
2月木馬亭.jpg
☆2020年は、木馬亭開場50周年の年です。貞山先生が定席に入ってくださるのも、記念の年ならではのことと思います。

6日(木)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ
募集を締め切っております。

7日(金)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家志乃ぶ、港家小ゆき、花渡家ちとせ、玉川奈々福〜仲入り〜鳳舞衣子、宝井琴柳(講談)、東家三楽、天中軒雲月(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
☆講談が、琴柳先生! うちの師匠と大変仲良くしていただいた先生です。嬉しいなあ。そして、雲月師匠が、トリです!

9日(日)第18回玉藻寄席「春風亭一之輔独演会-スペシャルゲスト玉川奈々福-」
日時  :2020年2月9日(日) 開演14:00/開場13:30
会場  :レクザムホール[香川県民ホール] 小ホール
出演:春風亭一之輔
ゲスト:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
チケット料金: 全席指定  一般 4,200円(県民ホール友の会会員3,800円)
お申込みはこちら。

10日(月)〜14日(金)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭14:00〜
出演(出演順):月亭秀都、桂咲之輔、桂三歩、玉川奈々福(曲師:沢村さくら)、桂春雨〜仲入り〜林家うさぎ、笑福亭達瓶、笑福亭仁智(11日は林家小染)
木戸銭:一般 前売り2500円 当日2800円 団体2250円
ほか詳細はこちらのサイトで。
☆天満天神繁昌亭にまた顔付けていただきました。上方落語の定席寄席に、浪曲で、15分で。毎度毎度緊張しますが、刺激を受けます。開演時間、14時になったんですね〜。

10日(月)第一回 旅するカタリとお友達 奈良まめすず・ちちろで奈々福笑い@奈良市 まめすずちちろ19:00〜
出演:説経祭文 渡部八太夫「信徳丸〜継母呪いの段」
   浪曲 玉川奈々福「仙台の鬼夫婦」曲師:沢村さくら
口先案内人・姜信子と、奈々福、八太夫のトークあり。
木戸銭:5500円(お茶とお菓子つき)
申込み:mama18notonoto@hotmail.co.jp
まめすず表.jpgまめすず裏.jpg
☆作家の姜信子さんのお誘いで、奈良で小さな会をさせてもらいます。まめすずちちろ、なんて、お店の名前からしてそそられる。説経祭文は、浪曲の前身芸。楽しみです!チラシ制作はデザイナーのパンツさん。超かわいいチラシだな。しかし、すごい木戸銭だが、お店はそれでいいのだとおっしゃるのです。

12日(水)吉坊・奈々福二人会@天満天神繁昌亭18:30〜
出演:桂吉坊「不動坊」ほか一席
   玉川奈々福「天保水滸伝鹿島の棒まつり」他一席(曲師:沢村さくら)
木戸銭:全席指定 前売り2700円 当日3000円
チケットぴあ、天満天神繁昌亭にて扱い
問い合わせ:さかいひろこworks 06-6155-5561
吉坊奈々福.jpg
☆吉坊さんに呼んでもらう5回目の大阪二人会。私、吉坊さん大好きなんですよ〜。教わることいっぱいある。嬉しいなあ。

15日(土)玉川奈々福・三遊亭王楽二人会@佐賀県鹿島市生涯学習センターエイブルホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)三遊亭王楽(落語)各2席
木戸銭:一般/大人2500円 高校生以下1000円
    会員/大人2000円 高校生以下500円
主催・問い合わせ 鹿島市民生涯学習・文化振興財団0954-63-2138
A4たて [玉川奈々福・三遊亭王楽]3稿-表.jpgA4たて [玉川奈々福・三遊亭王楽]3稿-裏.jpg
☆落語の王楽さんとご一緒させていただくのは、初めてです。鹿島市は、うちの師匠の初舞台の場所でもあります。

16日(日)第十回高円寺演芸まつり 座・高円寺寄席「講談、浪曲たっぷり」@座・高円寺2 13:00〜
出演:神田愛山、玉川奈々福(曲師:沢村豊子)、神田鯉栄、玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:3000円(中学生以下1000円 全席指定)
予約:座・高円寺チケットボックス 03-3223-7330
☆高円寺演芸まつり、横眼で見ながら、お声かからないな〜と思ってたら、始めてお声がけいただきました。しかも講談浪曲という企画で。愛山先生にお会いできる〜!

18日(火)しのばず寄席特別興行「立川談四楼 玉川奈々福二人会」@上野広小路亭18:00〜
出演:立川談四楼(落語)2席
   玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村美舟)
前売り:2000円 当日:2500円
予約問い合わせ:上野広小路亭 03-3833-1789( 10:00 〜 17:00)
☆毎年お声がけいただいている、談四楼師匠との二人会です!

19日(水)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ
☆募集を締め切っております。

21日(金)玉川奈々福独演会「奈々福とっておき」@道楽亭19:00〜
開口一番:玉川奈みほ
そのつぎ:玉川奈々福(2席 曲師:沢村豊子)
木戸銭:予約2500円 当日3000円(別途ウチアゲ3500円)
予約:info@dourakutei.com 03-6457-8366
☆道楽亭さんは十周年だそうです。どれだけ落語をはじめとする演芸ブームに貢献していただいたかと思います。一緒に道楽亭さんを祝いましょう。「とっておき」だなんて勝手なタイトルつけて、勝手にチラシ作っちゃう席亭だけどさ。

28日(金)いたばし子ども劇場@板橋区立成増アクトホール19:00〜
(東武東上線「成増駅」/地下鉄有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」)
詳細はこちらに。

29日(土)第十一回伊丹十三賞受賞記念 玉川奈々福キネマ&ライブ@東庄町公民館大ホール14:00〜
田島空監督作品「噂の玉川奈々福 キネマ更紗」上映
田島空+玉川奈々福 トーク
玉川太福一席(曲師:玉川みね子)
玉川奈々福一席(曲師:沢村豊子)
入場無料全席自由 
☆天保水滸伝の舞台であり、奈々福が観光大使を務める千葉県東庄町が、受賞記念の会を開いてくれることになりました。
田島監督のドキュメンタリー映画の上映と、奈々福、太福の一席ずつ。
東京からもぜひともご参加くださいませ!!!


そして、3月早耳情報

3月1日(日)「芸能開闢古事記」@島根県民会館ホール14:00〜
出演:安田登一座
ヲノサトル(音楽)
山下昇平(美術)
いとうせいこう(俳優・小説家)
藤原佳奈(演劇家)
玉川奈々福(浪曲師)
実験道場(ダンスパフォーマンス)
森山雅之(太鼓)
川上彩子(笙)
天籟の会
地元小中学生(公募ダンサー)
 深野神楽保存会
前売り:2000円 高校生以下1500円
当日:2500円 高校生以下2000円
問い合わせ:島根県民会館チケットセンター 0852-22-5556

3月4日(水)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
まだメンバーは決まっておりませんが、50周年という記念の年で、お席亭からのご指名にて、奈々福、トリをとらせていただく予定です。いっぱいにしたいの。よろしくね、よろしくね。

3月10日(火)11日(水)伊東四朗トークライブ「あたシ・シストリー」@北沢タウンホール
出演:伊東四朗
口演・進行:玉川奈々福
ゲスト:3月10日(火)夜の部18:30〜 沢口靖子
    3月11日(水)昼の部13:00〜 ナイツ
    3月11日(水)夜の部16:30〜 春風亭昇太
チケット発売2020/02/02(ニン!)
チケット料金:全席指定6500円(税込み)
問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999 チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスでも取り扱います。
☆伊東四朗さんのトークライブの進行役! いまお芝居で、小倉久寛さんやラサール石井さん、SETの皆さんとご一緒していますが、皆さん伊東さんに深い敬意を抱かれているのを感じます。「伊東さんこそ、人間国宝にすべきだ!」と小倉さん。下町生まれの江戸っ子、お小さい頃から映画・実演を山ほど見てこられた伊東さんの、トークライブ、必聴!

そしてそして!
「奈々福、独演。――銀座でうなる、銀座がうなるvol.2 浪花節で二十五年記念の会」

3月21日(土)「惚れた思いに命を賭けて!」(16:30開場 17:00開演)
古典浪曲「寛永三馬術より 大井川乗り切り」
アレクサンドル・デュマ・フィス原作 奈々福作「椿太夫の恋」
トークゲスト 春風亭昇太(落語家)

3月22日(日)「一途とはかくも貴きことよ!」(12:30開場 13:00開演)
古典浪曲「陸奥間違い」
玉川奈々福作「金魚夢幻」
トークゲスト 伊東四朗(喜劇役者)

於:銀座・観世能楽堂(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階)
入場料:全席指定5000円(税込)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、観世能楽堂でも取り扱いあり。
問い合わせ:ザ・カンパニー 03-3479-2245
omote決定.jpegura決定.jpeg
☆浪曲の世界に足を踏み入れて、四半世紀になるのかと、本当に自分でも驚きます。若手・未熟・まだまだ……と思っていたのに、世間様では中堅・ベテランにように扱われることも多くなり、いやはや。そんなんでいいのか、まだまだ進化できるのではないか、の思いを込めて、二度目の能楽堂に打って出ます。昇太師匠は、浪曲大好きで、今までもうなってもらったことがあります。そして、芸の生き字引、伊東四朗さん。浪花節の栄枯盛衰も横目で見てこられたはず。お話うかがうのが、超楽しみです!
posted by ななふく at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

私的2019回顧録

恒例の総括なんですが、昨年末はぎりぎりまで仕事でまとめられず、年を越してしまいました。

お仕事を、本当に順調にいただけていて、浪曲で、フリーで、生きていけるなんて、奇跡のようなことだと思っています。しかも、一度ご依頼受けた仕事の、裏がかえることが多い。二度目の依頼ってのは、初回を良かったと思ってもらえたことだから、さらに嬉しい。
それぞれの会を、主催してくださる方々、私を支えてくださる方々、そしてお客様。本当にありがとうございます。
2019年もよく働きました。
たしか昨年の回顧では、自主公演を控えて、個人的にはプチ・サバティカル・イヤーにしたいって抱負を述べていたんですが、結果的には舞台数は今までで一番多かったなあ。ちっともゆるやかな年ではなかったです。
出来不出来さまざまあったけど、喉は強くなった、声も強くなったなあと思っておりましたら、年末に、大先輩の葵わか葉師匠と、木村若友師匠の記録映像を見て、ぶっとばされました。まだまだです。闘志が湧きました。

2019年、私にとって大きかったことは、まずはNHKでの、周防監督との対談「SWITCHインタビュー達人達」の放映があったことと。
大きなメディアで一時間、じっくりと取材してもらった対談番組で、私の浪曲に対する思いを語らせていただくことができました。
また、観世能楽堂での二日間の独演会、そして伊丹十三賞をいただいたこと、歌手テビュー、浪曲映画特集……。
これが、2019年の、大きなトピックスでした。

【今年つくったり覚えたりした演題】
〇「松山鏡」国本武春師匠が、弾き語りでやっておられた演題を、ふつうの浪曲の形にしてみました。この演題の最後、すばらしいバラードが入り、これは武春師匠の作品の中でも白眉だと私は思っているのですが、それをどう節付けしたらいいのか悩みながら、それでも受け継ごうと思ってつくりました。
〇「浪曲 研辰の討たれ」(木村錦花原作 野田秀樹脚本 奈々福浪曲化)
歌舞伎演題です。13年、心の中で温めていたものを浪曲化。原作を生かした部分、野田さんのアイディアを生かした部分、またオリジナル部分もあり(そりゃ当然、浪曲の節の文句つくらなければならないのですから)。昨年、前半だけつくったものを、最後までつくって2月に初めて通して演じ、12月に伝承ホールで、望月太左衛先生のお囃子入りでフルバージョンで公演しました。これは、ぜひとも再演したい。
○「浪曲 熱海殺人事件」(つかこうへい原作 奈々福作)
2018年につくったものですが、5月1日に、紀伊国屋ホールで「熱海殺人事件」の会を開催、初めてフルバージョンをかけました。
○「阿武松緑之助」うちの師匠が演じておりました古典です。
〇「ソメイヨシノ縁起」(浦野とと原作。奈々福・作)国立演芸場の台本募集で、奨励賞をとられた作品を奈々福が脚色しました。これから春にかけてやっていきたいです。
……ここ二年、新作つくるペースが落ちているなあ。これ、たぶん、連載エッセイを抱えているせいもあったと思います。北海道新聞の連載は夏で終えて、「アプリ版ぴあ」連載も終えて、いま、WEB論座だけにしましたから、今年はもうちょっと作りたい。

【自主企画公演】
2月8日、9日「奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる」@観世能楽堂
2月23日「大利根勝子の会」@木馬亭 勝子師匠の会をプロデュース
4月24日、25日「二人天保水滸伝」@木馬亭 弟弟子・玉川太福と。
5月3日「玉川福太郎十三回忌追善公演」@木馬亭
6月20日 リリース記念イベント@ユーロライブ
7月29日「刀剣雷武、渋谷降臨!」@東京カルチャーカルチャー
9月14日「奈々福、なないろ 銭形平次捕物控雪の精 長編浪曲一挙公演」@カメリアホール
あと、プロ志願者向けの「ガチンコ浪曲三味線教室」を開催。9月からは「ガチンコ浪曲講座」を開催中です。

【能楽堂公演】
観世能楽堂で浪曲の、独演会を……というご提案をいただいたときには驚きましたが、やってみたいと思いました。歌舞伎も能も商業演劇も宝塚もある、花の銀座・日比谷といった場所に、浪曲で出ていくことの意味はある気がしました。しかも観世能楽堂……。ゲストには、スタジオジブリの鈴木敏夫さんと、映画監督の周防正行さんをお迎えして(お二人のトークは超面白かった!)、満員御礼で開催することができました。最高にうれしかった。関係各位とお客様に感謝です。おかげさまで、今年の3月21日(土)22日(日)にも、観世能楽堂で独演会をさせていただくことになりました。

【伊丹十三賞】
ご連絡を受けてびっくりしました。こんな賞です。
授賞理由は「現代の観客のこころを動かす語りの芸と、浪曲にあらたな息を吹き込む卓越したプロデュース力に対して」。
もう、ものすごく光栄なことでした。伊丹十三という方の、マルチぶり、教養の深さを思うと、本当にいただいていいのかと、思ってしまいます。
お庭が美しい国際文化会館での贈呈式には、財団の関係の方々、そして選考委員の先生方をはじめ、お世話になった方々、大好きな方々がたくさん来てくださいまして、祝ってくださいました。
我が事とはとても思えない夢心地ではありましたが、本当に気持ちのいい、ステキな会になりました。
一生忘れない贈呈式です。

【浪曲映画特集】
6月22日〜26日@ユーロスペース・ユーロライブにて、映画13本+浪曲8席
8月27日〜29日 京都、大阪、神戸公演 映画4本+浪曲4席
9月24日〜26日 大分、小倉、熊本公演 映画4本+浪曲4席
11月24日、26日、27日 横浜、深谷、高崎公演 映画4本+浪曲4席
★ユーロスペースのオーナーである堀越謙三さんと、大分・シネマ5の田井肇さんの発案で、一年かけて準備をしてきました。映画の源に語り芸あり。さまざまな形で浪曲と縁のある映画を集め、実演と合わせるこの企画。映画と浪曲実演との相性がこんなによく、そしてこんなにお客さんが入ってくれて、映画の終わりで拍手が来て、一体感のある公演になるとは。最初ご提案受けたときには、ピンとこなかったのに、結果に驚いています。2020年もこの企画は継続予定です。

【歌手デビュー】
1月に、「うたう奈々福」として、浪曲なし、歌だけのライブをしました。その後あれよあれよとお話がまとまり、日本コロムビアから、6月に「刀剣浪曲・舞いよ舞え」「恋々芝居」でデビューしました。仕掛け人は、作詞家の相田毅さんです。
歌をつくっていく過程は大変面白かったし、歌は浪曲とまた違った面白さがあります。
6月7月はいろいろ動きましたが、その後浪曲の仕事が忙しくて、あまりキャンペーンなどもできていない! ですが、CDは発売中。手売りもしております。
来年4月に、六本木の某所で、ライブをやることになるらしいのと、年に一度くらいは、歌だけの会をしましょうね、と相田さんと話しています。

【海外公演】
10月6日〜15日 ハンガリー・ルクセンブルク公演
ここ数年、日中文化交流協会を通じて、中国の曲芸家協会(中国の語り芸の芸人団体)と交流を持たせていただいています。その団体の主催で、ルクセンブルクで世界の語り芸大会が開かれることになり、招聘を受けました。日本の語り芸のひとつである浪曲について、シンポジウムの中で英語でプレゼンテーションをし(もちろん原稿を棒読みしただけですが)、大会では、諸外国の芸人さんたちに交じって、弾き語りでシンデレラをやりました。中国の芸人さんだらけで、半日観光した以外はぜんぜんルクセンブルクに来た気がしなかったけど、中国のさまざまな語り芸がみられておもしろかった〜! とくに「快板」という芸はスペシャル素敵!
そして、ヨーロッパに来るなら連絡してね、と言われていた、ブダペストの国際交流基金にご連絡したところ、ではついでもブダペスト公演も、と決めていただき、大学二か所でワークショップ、そしてフランス文化院にて、これも弾き語りでシンデレラを演じました。ブダペストはいつも字幕オペレート完璧なので、お客さんに大受けして、楽しかったです。

海外以外にも、今年も旅が多かった。仕事の旅も楽しいですが、徳島の灌頂の滝の前で、また轟の滝のしぶきを浴びながら声を出したときの気持ちよさ、月山の秘所の青い湖のほとりで声を出したときの不思議な響き……貴重な経験でした。

【語り公演・学校公演】
安田先生の一座の一員としての語りの公演は随時行っています。「イナンナの冥界下り」「耳なし芳一」「夢十夜」「雪おんな」など。2月には松江で泉鏡花の「天守物語」を上演しました。
学校公演、子供向け公演もときどきやっています。子どものいるところには、どんどん行きたい。子どもさんたちに、声を出してもらいたい。

【弟子をとりました】
3月に弟子をとりました。弟子は生涯とらないつもりで、いままで断っていましたが、この子には根負けしました。奈みほと申します。2月に、初舞台を踏む予定です。末永くかわいがってやってください。

【そして2020年】
長期的ビジョンを持たないままに、ずっと来ています。今年は、すこしペースをゆるめて、おだやかにのんびり過ごしたいなあ。
具体的にすでに決まっていることで大きな企画としては、1月の舞台「阿呆浪士」@新国立劇場中劇場。脚本はラッパ屋主宰の鈴木聡さん、演出はラサール石井さん、主演は、A.B.C-Zの戸塚祥太さん、ふぉ〜ゆ〜の福田悠太さん。三味線弾きながら狂言まわしのような役割をしますが、忠臣蔵の読み直しとしても大変面白い企画で、いまお稽古していて、まもなく開幕しますが、実にエンタメ性の高いお芝居です。楽しみ!
そして、3月に、入門25年記念の、二度目の能楽堂公演二日間。
6月にはユーロライブで「浪曲映画特集」、9月には、恒例「奈々福、なないろ」。
以外の大きな企画は今年は考えていないですが、突然また何か思いついてやっちゃうかもしれません。計画性がないんです。ほんとうに。

奈々福を応援してくださるお客様。
どうか今年も、よろしくお付き合いくださいませ。
昨年の大晦日。仕事納めの日の、豊子師匠とのツーショット。
20191231-2.jpeg
posted by ななふく at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

新春1月の奈々福。

遅くなりました。とりあえずの情報を上げます。
なんといっても、1月は「阿呆浪士」公演@新国立中劇場、18ステージ!
そのほかには、小金井らくご特選にて、さん喬師匠、米團治師匠、菊之丞師匠と。
よみうりホールで、喬太郎師匠、一之輔師匠、萬橘師匠と。
明治座で三三師匠、松之丞さんと。
そして、紀尾井小ホールで喬太郎師匠との二人会、などです!……けっこう大きなハコでの会が多いなあ。
ありがたいっ!!!

1日(祝)浪曲定席木馬亭50周年記念新春特別公演@浅草・木馬亭11:00〜
出演:東家志乃ぶ、国本はる乃、澤雪絵、玉川奈々福、港家小柳丸、玉川福助、春亭右乃香(寄席文字)~仲入り〜神田紅(講談)、東家三楽、澤孝子(出演順)
木戸銭:2500円(25歳以下半額)
☆2020年は、木馬亭開場50周年の年。いろいろ企画が続きます。元旦は11時開演。寄席文字の春亭右乃香さんは、毎月毎月、木馬亭の看板、まねき、めくりを書いてくださっています。

2日(木)高輪プリンスホテルにて、浪曲と、浪曲にちなんだ街歩き、午前の部と午後の部(詳細追って)

5日(日)浪曲定席木馬亭50周年記念新春特別公演@浅草・木馬亭12:00〜
出演:三門綾 港家小ゆき 東家孝太郎 玉川ぶん福 玉川奈々福〜仲入り〜一龍斎貞心(講談) 富士琴美 三門柳(出演順)
木戸銭:2500円(25歳以下半額)
☆五日目は12時開演です。わー貞心先生にお会いできる!

8日(水)ニュースシブ5時@NHK総合 午後4時50分〜
☆「マイトレジャー」というコーナーに出演させていただきます。取材はおわりましたけど、けっこうがっつり取材受けました。

8日(水)パルコ・プロデュース 舞台「阿呆浪士」@新国立劇場 中劇場18:30〜
出演:戸塚祥太(A.B.C-Z)/福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)/ 南沢奈央/伊藤純奈(乃木坂46)/玉川奈々福/竹内都子/小倉久寛ほか

喜劇作家・鈴木聡の代表作『阿呆浪士』。初演は1994年に劇団「ラッパ屋」公演として、また98年には稀代の浪曲師・国本武春を迎えて再演を行い大いに話題となった。
今回は演出にラサール石井。主演にA.B.C-Zのメンバーで、バラエティや映画などジャンルを問わず活躍、ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」や舞台「BACKBEAT」での好演も記憶に新しい戸塚祥太を迎える。そして本当の赤穂浪士の一人、田中貞四郎にふぉ〜ゆ〜の福田悠太、八が惹かれている長屋こまちのお直に南沢奈央、大石内蔵助の娘・すずに伊藤純奈(乃木坂46)。さらに、本作には欠かせない浪曲、三味線を担う浪曲師の玉川奈々福、ドラマ、舞台とジャンルを問わず幅広く活躍中の竹内都子、大石内蔵助には時代劇もコメディも硬軟自在に演じる小倉久寛と、幅広い世代の個性豊かな出演者が顔を揃えた。
0001(1).jpg0001(2).jpg
公式サイト
☆大がかりなお芝居に出演させていただきます。鈴木聡さんの脚本は「研辰の討たれ」にも通じる、「赤穂浪士」における「忠義」を客体化した、すばらしいホンです。赤穂浪士じゃないのに、赤穂浪士として討ち入りに巻き込まれていく魚屋の八の悲喜劇。演出はラサール石井さん。奈々福は、かつて武春師匠が演じられた役で、お芝居とお客様とをつなぐ役。こんな若い座組(+手練れの役者さんたち)の、こんな舞台に出ること、まずないんだから。ぜひ見に来てくださいましっ!

9日(木)池袋にてクローズの会。

10日(金)阿呆浪士@新国立劇場 中劇場13:30〜

10日(金)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:立川吉笑 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 柳亭小痴楽 柳家わさび
http://eurolive.jp/shibuya-rakugo/

11日(土)阿呆浪士@新国立劇場 中劇場12:30〜
11日(土)阿呆浪士@新国立中劇場17:30〜


12日(日)夢幻百物語@愛知県・おおぶ文化交流の杜図書館13:00〜
出演:安田登(能楽師)、玉川奈々福(浪曲師)、塩高和之さん(琵琶)、百鬼ゆめひな(人形師)
演目:小泉八雲『耳なし芳一』『雪女』
講演:小泉凡×東雅夫
詳細はこちらのサイトに。
☆愛知県の図書館で、大変贅沢な会です。先日あうるすぽっとでは、安田先生と琵琶の塩高さんと奈々福で「芳一」を演じましたが、ゆめひなさんの人形が入っての「雪女」は、久しぶり! その上に、八雲のひ孫さんである凡さんと、東雅夫さんの講演つきという!!!

14日(火)阿呆浪士@新国立中劇場13:30〜
15日(水)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
15日(水)阿呆浪士@新国立劇場中劇場18:30〜
16日(木)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
16日(木)阿呆浪士@新国立劇場中劇場18:30〜
17日(金)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
18日(土)阿呆浪士@新国立劇場中劇場12:30〜
18日(土)阿呆浪士@新国立劇場中劇場17:30〜
19日(日)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
21日(火)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
22日(水)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜
22日(水)阿呆浪士@新国立劇場中劇場18:30〜
23日(木)阿呆浪士@新国立劇場中劇場18:30〜
24日(金)阿呆浪士@新国立劇場中劇場13:30〜


なお、阿呆浪士の12日の公演と、大阪公演は、奈々福ではなく、真山隼人と沢村さくらコンビが出演いたします。

25日(土)こがねい落語特選 新春鏡花水月〜美の真髄@小金井宮地楽器ホール大ホール13:00〜
出演:柳家さん喬、桂米團治、古今亭菊之丞、玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭:一般3500円 U-25席2000円 こがねいメンバーズ3200円
詳細はこちらのサイトで

25日(土)よってたかって新春らくご@有楽町よみうりホール18:00〜
出演:柳家喬太郎、春風亭一之輔、三遊亭萬橘、玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
料金:全席指定:4,200円(税込)
IMG_20191025_095510.jpg
詳細はこちらのサイトで。

27日(月)明治座浜町寄席「話芸三昧」〜喋る・唸る・語る〜@明治座18:30〜
出演:柳家三三 玉川奈々福 神田松之丞 沢村豊子(浪曲曲師)
料金(税込):S席(1,2階席)4,800円
A席(3階席)3,600円
浜町寄席.jpg
詳細はこちらのサイトで

28日(火)毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 東家三可子(曲師:沢村豊子)
木戸銭:1500円(お茶お菓子つき)
火曜亭12-2.jpg
☆三可子さんとご一緒は初めてです。楽しい会になりますように。


31日(金)玉川奈々福、喬太郎アニさんをうならせたいvol.5@紀尾井小ホール19:00〜
出演:玉川奈々福 沢村豊子 柳家喬太郎
浪曲界を引っ張り、攻め続ける奈々福
古典で新作で、
義理と人情と浪曲愛で,
喬太郎をうならすことが出来るのか?
奈々福がんばる、喬太郎たちはだかる!
第五幕御題 『 善 』 (※古典演目での共通の御題です)
料金  3500円 (全席指定・税込み)
☆チケット一般発売 12/14(土) 正午12時より
イープラス (座席選択可能)
▼電話予約・お問合せ らくご@座(あっとざ) 
TEL 03-3911-5015
アニさん.jpg
☆喬太郎師匠をうならせる、新作をまた、つくんなくっちゃあならねえ。この会はホント、課されるものが重いのです。喬太郎師匠とご一緒できるのはとっても嬉しいけど♡
posted by ななふく at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

研辰の討たれへの思い。

紅白歌合戦は残念ながらお声がかかりませんでした(笑)。
引き続き、歌手活動も続けますので、応援よろしくお願いしますねんねん。
COCA-17640_H1.jpg

アマゾンはこちら

日本コロムビアの公式サイトはこちら。PVもあります。


さて。
奈々福年内最大の公演まで三週間を切っております。

奈々福版 浪曲 研辰の討たれ〜ひとり忠臣蔵でござる〜
◆日時  2019.12.5(木)19:00開場 19:30開演
◆会場  伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田・6F)
◆出演  玉川奈々福(全2席 曲師:沢村豊子) 
     望月太左衛(邦楽囃子方)三増紋之助(曲独楽)
◆料金  3500円 (全席指定・税込)
研辰オモテ.jpg

これを浪曲にしたいっと熱望したのは、野田版「研辰の討たれ(とぎたつのうたれ)」。
木村錦花作の歌舞伎「研辰の討たれ」を、野田秀樹さんが亡き勘三郎丈のために大幅に加筆して、
勘三郎丈の、襲名披露の演目として上演されました。
それを歌舞伎座で見て、ノックアウトされました。
私が浪曲でやりたかったことは、これだっ!とまで思い込みました。

「逃げる男」の話です。

浪曲は、わりと「建前」をうたい上げます。その代表が、義士伝です。
「忠義」。そこにはもちろん真心もあるのだが、その忠義のために、個人個人は「わたくし」の生き方を諦めていく。
ところが、「研辰」は徹底して、「わたくし」優先の男です。そのために、イヤなことからは徹底的に逃げます。
それ、生き物としては、正しい。
敵討ちをバカにしながら、その敵討ちに巻き込まれていく男。

勘三郎丈の研辰は、ものすごく魅力的でした。
それが頭から離れない、到底かなうわけはないけれど、でも。
積年の思いをようやく実現させます。
「建前」である義士伝一席と、「アンチ仇討」「反義士」「わたくし」である「研辰」を演じます。
研辰、50分ある!
ををを。しかも、邦楽囃子方の望月太左衛先生に小鼓を入れていただく斬新演出。
二席の合間に、助太刀として、三増紋之助師に、曲独楽もご披露いただきます!

そうそう演じられるネタではないので、
ぜひこの機会に聞いてくださいませ。

こちらが主催者サイト。
http://www.rakugo-atto-za.jp/pg002.html
ご予約は、らくご@座(03-3911-5015)まで、お早めに!!!
posted by ななふく at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

12月の予定!

「研辰の討たれ」公演、ネタおろし勉強会、おしゃべりの会、吉坊さんとの「みちゆき」最終回、浪曲映像まつり、カツベンとのコラボ……などなど!!!

1日(日)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒すみれ、国本はる乃、東家孝太郎、玉川奈々福~仲入り〜玉川ぶん福、神田紅佳(講談)、冨士琴美、三門柳(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
12月木馬亭.jpg
☆12月の定席……義士が並ぶのかなあ。浦太郎師匠の代演で柳師匠がトリです!!!

2日(月)第17回文化庁文化交流使フォーラム2020@東京大学伊藤国際学術研究センター15:00〜
平成30年度「文化交流使」による、海外で行った実演やワークショップ等の活動報告を行います。
日 時:令和元年12月2日(月)15:00〜18:05(予定)
場 所:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(地下2階)(東京都文京区本郷7-3-1)
出演者(予定):
•笠松 泰洋 (作曲家)
•玉川 奈々福(浪曲師・曲師)
•米川 敏子(生田流箏曲・地歌 演奏家)
モデレーター:
•サヘル・ローズ(タレント・女優)
参加申し込みはこちらから↓
https://site2.convention.co.jp/jcef2019w/
詳細は下記プレスリリースをご確認ください。
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_os…/hodohappyo/1421899.html


3日(火)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友、富士実子、木村勝千代、玉川奈々福~仲入り〜天中軒月子、神田鯉風(講談)、冨士琴美、三門柳(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
☆12月の定席……黒一点は、開口一番の景友さんですね。男子、頑張れ。

5日(木)奈々福版浪曲研辰の討たれ〜ひとり忠臣蔵でござる@伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田)19:30〜
出演:玉川奈々福「浪曲 研辰の討たれ」+義士伝一席(曲師:沢村豊子 邦楽囃子方:望月太左衛)
助太刀出演:三増紋之助(曲独楽)
料金  3500円 (全席指定・税込み)
ご予約:イープラスにて
問合せ:らくご@座 03-3911-5015
研辰オモテ.jpg研辰ウラ.jpg
☆「研辰」は、野田版研辰の討たれで、故・勘三郎丈が演じられるのをみて、浪曲でやりたかったのはコレだと思ってずっと温めていたものです。ようやく野田秀樹さんからの許可を得て浪曲化しました。奈々福年内最大のイベント。ぜひとも、ぜひとも、来てください。

6日(金)風間杜夫の落語会@横浜にぎわい座19:00〜
出演:風間杜夫(落語2席)
ゲスト:柳家喬太郎(落語)玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)
料金:3100円
予約問合せ:横浜にぎわい座 045-231-2515 チケぴ、ローソンでも扱いあり。
☆風間杜夫さんの会にお声がかかりました。しかも喬太郎師匠とご一緒。わくわく。

7日(土)おはようライブ ほとばしる浪花節@木馬亭10:30〜
浦野貴子原作 玉川奈々福脚色 新作浪曲「ソメイヨシノ縁起」曲師:沢村豊子
木戸銭:500円(朝一番の笑顔付!)
48おはようライブ.jpg
☆国立劇場の新作台本募集の奨励賞作品を奈々福が脚色して上演します。素材に大変そそられました。

8日(日)こどもライブハウスaround2020@北とぴあ スカイホール15:50〜
奈々福出演は、15:50〜「浪曲シンデレラ」。曲師:沢村豊子
この日は一日、さまざまな芸能を体験できて、他に、
万華鏡音楽会(@11:00〜A12:30〜@カナリアホール)
0歳からの室内楽ミニコンサート(B10:30〜C12:20〜スカイホール)
レオナ(D14:20〜カナリアホール)
岩田卓也(F17:20〜カナリアホール)
一噌幸弘(G18:40〜スカイホール)
などの催しがあります。詳細はこちら。
料金:一般:1ステージ2500円
   会員:1ステージ無料。2ステージ以降1000円
主催・問合せ:きたく子ども劇場 kangeki-you@ybb.ne.jp
☆幼児から大人まで、いろんな芸能を楽しめる企画公演です。奈々福は、シンデレラ一席をしつつ、おしゃべりを。

8日(日)カルチャーラジオ 日曜カルチャー「人間を考える〜古典に学ぶ」@NHK第二ラジオ21:00〜


10日(火)奈々福・豊子 たっぷり浪曲とおしゃべりの会@道楽亭19:00〜
出演:玉川奈々福 沢村豊子(浪曲2席+沢村豊子オンステージ)
木戸銭:予約2500円・当日3000円 道楽亭 03-6457-8366 info@dourakutei.com
終演後打上げあり(会費3500円/希望者のみ)
おしゃべりの会19.jpg
☆恒例のおしゃべりの会、いや「たっぷり浪曲」の会なのに、豊子師匠オンステージと了解されているこの会。19回目だそうです。人気の会なので、どうかお早めにご予約を。

12日(木)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ和室19:00〜
募集締め切っております。

14日(土)浪曲 赤穂義士伝〜江戸時代の粋に遊ぶvol.41@東海道かわさき宿交流館14:00〜
出演:玉川奈々福 沢村豊子
会場 東海道かわさき宿交流館 4階集会室 定員100名 料金1,500円(全席自由 当日券のみ)
予約なし、当日券のみ。
問合せ:東海道かわさき宿交流館 044-280-7321
東海道川崎宿.jpg
☆討ち入り記念日。義士伝やります。

15日(日)門司港海峡演劇祭 ほとばしる浪曲 奈々福&豊子の会@関門海峡ミュージアム多目的ホール14:00〜
出演:玉川奈々福 沢村豊子
料金:予約3000円 当日3500円
予約:090-9570-4579(上村)
海峡演劇祭オモテ.jpg海峡演劇祭裏.jpg
☆門司港の海峡演劇祭に呼んでいただきました。数年前、下関でやらせてもらって、今回は対岸の門司港で。下関・門司は平家物語このかた、物語の豊かな土地です。わくわく。

16日(月)奈々福・吉坊二人会〜みちゆき 最終夜 夢現のみちゆき@木馬亭19:00〜
玉川奈々福「親鸞聖人御伝記 六角堂示現巻」曲師:沢村豊子
桂 吉坊「弱法師」お囃子:恩田えり他
毎度恒例、今回が最後!?濃ゆ〜いトークつき。
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円(奈々福、持ち歩いております。どうかご用命を)
予約:akagi@f-1994.co.jp 090-3206-5871(赤城)
みちゆき10.jpg
☆吉坊さんとの二人会は、いちおう全10回予定で始めました。今回が最終回。この間、大阪でも吉坊さんが二人会を開催してくださり、二人の仲は深まったのでありますよ。なのに最終回……こんな緊張感ある濃い会はそうないのでね。来てね、来てね、かならずね。

17日(火)第94回松島演芸会年忘れ特別企画@横浜市・旅館松島
食事:16:00〜17:45
演芸:18:00〜21:00
第一部:舞踊・端唄
第二部:浪曲 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)港家小そめ(曲師:玉川祐子)
第三部:歌謡吟詠
時間は17時〜18時45分先に食事
間に合わない人は演芸終了後でも構いません。
料金:8800円
予約問合せ:松島旅館(地下鉄蒔田駅下車3番出口徒歩3分、電話045–731–2720ファックス045–731–0204)
年内の大イベント.jpeg

19日(木)浪曲十八番出演@NHK FM演題「豊子と奈々福の浪花節更紗」11:20〜

☆うはははは。このネタ、ラジオでやっちゃった。豊子師匠とトークもしてます。

19日(木)奈々福・太福の浪曲浮かれナイト 清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19:00〜【満席御礼】
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
入場料:予約2000円 当日2200円
予約問合せ:らくごカフェ rakugocafe@hotmail.co.jp 03−6268−9818(平日12時〜18時受付)


23日(月)浪曲広小路亭「年忘れ!悪女浪曲の会」@上野広小路亭13:00〜
出演:国本はる乃「高橋お伝」
   港家小ゆき「最強主婦伝説 陰謀の赤ずきん」
   木村勝千代「天保六花撰 三千歳廓抜け」
   玉川奈々福「悲願千人斬の女」(小沢信夫原作)
曲師:沢村美舟
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約:日本浪曲協会 03-3844-1611
201912hiro.jpg

25日(水)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ和室19:.00〜
募集を締め切っております。

28日(土)奈々福と一緒にみる浪曲映像まつりvol.2@シネマハウス大塚15:00〜
【上映する映像作品】
浪曲シネマ「浪曲師物語」
(浪曲Dramatixs 浅草木馬亭の浪曲師たちシリーズ2)約65分
浪曲ライブ映像「葵わか葉 口演」約30分
トークショー登壇:葵わか葉、玉川奈々福、沢村豊子、伊勢哲。約25分
日時:12月28日(土曜日)午後3時開演(開場午後2時40分)
会場:シネマハウス大塚(豊島区巣鴨4-7-4-101 折戸通り 都立文京高校正門前)
入場料:2000円
予約:玉川奈々福後援会 nanafukufc@yahoo.co.jp
浪曲シネマ出演:葵わか葉、木村若友、港家小柳、四代東家三楽、玉川桃太郎、大和稲子、沢村豊子、玉川みね子、浪曲すすめ隊…ほか日本浪曲界総出演
浪曲映像まつり2.jpg
☆浪曲映像まつり第二弾を早くも開催します。今回の一席は葵わか葉師匠。そして、映像の中には、木村若友師匠、港家小柳師匠、先代の三楽師、玉川桃太郎師など、80歳、90才を過ぎてもますます元気でばりばり浪曲やっていたレジェンドたちが登場します。トークには、大塚在住のわか葉師匠が、なんとなんとご登壇くださることに!

30日(月)語り屋活浪〜奈々福・一郎の浪曲活弁縦横無尽
【出演】玉川奈々福(浪曲 曲師・沢村豊子)/ 片岡一郎(活動弁士)
【時間】開場 14:00 / 開演 15:00
【チケット代金】前売 3,000円 / 当日 3,500円(共に1ドリンク代600円別途)
【入場順】整理番号順
詳細はこちらに。
☆活動弁士の片岡一郎さんとはもう古い知り合いです。周防正行監督最新作「カツベン!」で主人公の成田凌さんにカツベン指導をされた片岡さん。活動弁士も、浪曲師も、「語り屋」です。それぞれの芸を披露しつつ、語りのテクニックのカンドコロを教えあったり、互いの芸にトライしつつのトークコーナーなども交えての二時間。初めての試みです。絶対オモシロイと思う!


31日(火)年忘れ企画 浪曲@ホテルニューオータニ13:30〜

          
年忘れ企画 浪曲@九段下グランドパレスホテル20:00〜
posted by ななふく at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

11月の奈々福(12月1月もちょっと)。

秋本番。秋は一年のうち最も忙しい季節です。旅も多い。がんばります。

1日(金)玉川奈々福独演会@長崎・チトセピアホール19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
木戸銭:全席自由予約2500円(当日3000円)
お申込み:チトセピアホール 095-842-2700
20191101_main.jpg
☆初めて長崎に呼んでいただきました。
長崎……小沢昭一さんの公演を追いかけていったなあ。楽屋で、いろんな浪曲話、してくださったなあ、の思い出深い場所。
初長崎公演、わくわく。楽しみです!

2日(土)玉川奈々福独演会@佐賀市・浪漫座( 佐賀県佐賀市柳町2-9 ) 19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
前売り 2,500円 当日 3,000円 久留米公演と2日間通し券 4,500円
(11/2の佐賀と11/4福岡・久留米)
全席自由 予約問:佐賀で奈々福を聞く会(田辺):090-5283-9883 bautytanabe@gmail.com
naniwabushi_nanafuku2019.jpg
☆そして、また今年も佐賀で公演を企画していただきました。浪漫座は、旧古賀銀行であった美しい洋館。とても響きよく、雰囲気最高。まさに「浪漫!」ここでの浪曲は気持ちがいいです。

3日(日)寺子屋@熊本県益城町阿弥陀寺
☆恒例の益城町阿弥陀寺さんでの、お能の安田登先生の寺子屋に、今年もお招きいただきました。ご門徒さん以外でもお入りいただけますので、阿弥陀寺さんにお問い合わせください。

4日(月・祝)玉川奈々福独演会@久留米市 久留米シティプラザCキューブ14時〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
全席自由 前売り 2,500円 当日3,000円 佐賀と2日間通し券 4,500円
(11/2の佐賀と11/4福岡・久留米)
予約問:佐賀で奈々福を聞く会(田辺):090-5283-9883 bautytanabe@gmail.com
☆久留米での公演も、去年と同じ素敵なキューブ劇場にて。ここでもたっぷり2席聞いていただきます。

5日(火)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:三門綾、廣澤虎康、木村勝千代、玉川奈々福〜仲入り〜玉川ぶん福、田辺凌鶴(講談)、鳳舞衣子、三門柳(出演順)
木戸銭:2200円(10月より、長年据え置いておりました木戸銭を値上げをさせていただきます! 25歳以下半額なのは従来どおりです)
11月木馬亭.jpg
☆新人、三門柳師匠のお弟子さん、綾さんからフレッシュに始まります!

6日(水)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友、港家小ゆき、玉川奈々福、大利根勝子~仲入り〜天中軒月子、宝井一凛(講談)、鳳舞衣子、東家浦太郎(出演順)
木戸銭:2200円(10月より、長年据え置いておりました木戸銭を値上げさせていただきます! 25歳以下半額なのは従来通りです)
☆襲名された、月子さんご出演です。

7日(木)静岡県の某小学校にてアウトリーチ事業
☆去年もやらせていただきました。午後二時限まるまる使っての、講義+実演+ワークショップ。小学生の皆さんをおもいっきし揺さぶってきたいと思います。毎度へとへとになるんだけれど。

8日(金)ザ・きょんスズ30@下北沢 ザ・スズナリ19:00〜
出演:柳家喬太郎「文七元結」他 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
入場料:4,500円(全席指定・税込)※未就学児入場不可
問:潟jベル 2bellepro@nibelle.co.jp 電話 070-4535-3001
☆喬太郎師匠の落語家30周年の巨大企画です。お芝居大好きな師匠が舞台に選んだのは、小劇場の殿堂、下北沢のザ・スズナリ! 喬太郎師匠なら、大きな箱でいくらでもできるのに、小さな、でもお芝居の記憶のいっぱいつまった場所で、11月1日から晦日まで、30公演もされるという、もう、こういうところが喬太郎師匠のスゴイところで、大尊敬です。その記念公演に、浪曲からゲストで呼んでいただけるという、泣いちゃうほどの光栄。チケット瞬殺だったと聞いてます……凄すぎる。

9日(土) 10日(日)「能でよむ〜漱石と八雲」@東池袋あうるすぽっと14:00〜
出演:安田 登(能楽師 下掛宝生流ワキ方)玉川奈々福(浪曲師)塩高和之(琵琶奏者) 
聞き手:木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)
演目:『夢十夜』より「第三夜」 原作:夏目漱石
   『吾輩は猫である』もちの段 原作:夏目漱石
   『耳なし芳一』 原作:小泉八雲
入場料:全席指定 ・一般 2,000円 ・中高生 1,000円 ・子ども 500円 
・障害者割引 1,800円 
チケット:としまチケットセンター TEL:03-5391-0516 (10:00-17:00)
0570-056-777 (10:00〜17:00)
チケットぴあ  https://t.pia.jp/  0570-02-9999  Pコード:497-075
東京芸術祭チケットセンター  https://tokyo-festival.jp/2019/ticket/
東京芸術劇場ボックスオフィス  https://www.geigeki.jp/t/
0570-010-296 (10:00〜19:00、休館日を除く)
窓口:豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場1階
☆お能の安田登先生とずっとご一緒させていただいている「漱石」「八雲」の語り。あうるすぽっとからのお誘いで、すばらしい劇場でさせていただきます。劇場ゆえ、照明音響の効果もあり、また今回は琵琶の塩高さんがご参加くださるので、ひときわオモシロイ漱石八雲になります。木ノ下裕一さんが聞き手でご参加くださるのも、すごい! 二日連続開催です。

9日(土)渋谷らくご@ユーロライブ17:00〜
出演:柳家小はぜ 立川寸志 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)* 春風亭一之輔
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円
渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折
ユーロスペース内/渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
TEL:03-6675-5681
ご予約・お問い合わせ:ユーロライブ

12日(火)奈々福・太福姉弟会〜新作づくしの会@深川江戸資料館小劇場19:00〜
出演:玉川奈々福「豊子と奈々福の浪花節更紗」ほか(曲師:沢村豊子)
玉川太福「悲しみは埼玉に向けて」(作・三遊亭円丈)ほか(曲師:玉川みね子)
トークコーナーあり。
前売り:3000円(ペア前売り5000円) 当日:3500円(ペア当日6000円)
予約問合せ:ミュージックテイト西新宿店 webstaff@musicteito.co.jp
MX-2310F_20190911_141238_001.jpg
☆昨年に引き続き、弟弟子との会を開催する運びになりました。今回は新作しばり。トークあり。自由に楽しく、参ります!

13日(水)〜15日(金)福岡県赤村赤小学校にてWS
☆これも毎年恒例。お能の安田登先生、狂言の奥津健太郎さんとご一緒。二日にわたって、小学生に、能、狂言、浪曲について、WSします。

16日(土)パルコ・プロデュース ラサール石井演出「阿呆浪士」@新国立劇場中劇場 チケット一般発売開始!
☆ラッパ屋主宰の鈴木聡さんが書かれた「阿呆浪士」。98年の舞台では、故・国本武春師匠が出演され、大評判になりました。そのお芝居が、パルコのプロデュース、ラサール石井さんの演出で、新国立劇場で上演されます。A.B.C.Zの戸塚祥太さん主演。すごく若い一座、周囲を、手練れの熟練の役者さん芸人さんが固める形です。私は、武春師匠がかつて演じられた「唸り屋三味蔵」という、いわゆる狂言回しを演じます。こんな長期に、こんなさまざまなところから集まる一座のお芝居に出るのは初めてです。

16日(土)SWITCHインタビュー 達人達(たち)・選「周防正行×玉川奈々福」@NHK Eテレ午後10:00〜11:00
https://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2019-11-16/31/4032/2037199/
☆今年一月に放映になった、映画監督の周防正行さんとの対談番組の再放送が決まりました。これ、なかなかいい内容だったと思います。一度見た方も、見られなかった方も、ぜひぜひ見ていただきたい一時間番組。拡散希望!!!

17日(日)第六回浪曲口演会松江公演@テルサ松江13:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
   落語・津軽三味線 林家ひろ木
前座 浪曲講座と口演 愛好会会長 安部重利(曲師:沢村美舟)
入場料:前売 2,000 円 当日 2,500 円 高校生以下 無料
問:家島 080-7042-7165
http://ipadroukyoku-matsue.jimdo.com
チケット取扱所:島根県民会館チケットコーナー、松江テルサ2F事務局、プラバホール、タカキ楽器店、出雲市民会館、米子市文化ホール、米子市公会堂
☆松江公演も毎年恒例になりました。豊子師匠の糸で2席。主催の安部さんの曲師として、沢村美舟も参加します。

20日(水)ラジオ収録

23日(土)SWITCHインタビュー 達人達(たち)「周防正行×玉川奈々福」@NHK Eテレ午前0:00〜1:00
https://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2019-11-22/31/66374/2037199/
☆今年一月に放映になった、映画監督の周防正行さんとの対談番組の再再放送です。

24日(日)浪曲映画〜情念の美学@横浜シネマリン14:30〜
映画「河内山宗俊」(山中貞雄監督作品)+玉川奈々福「河内山と直侍」(曲師:沢村豊子)
木戸銭:2800円 
予約問合せ:シネマリン 045-341-3180
関東チラシ.jpg
24日(日)浪曲映画〜情念の美学@横浜シネマリン19:00〜
映画「一本刀土俵入り」+玉川奈々福「阿武松緑之助」(曲師:沢村豊子
木戸銭:2800円 
予約問合せ:シネマリン 045-341-3180
シネマリン裏2.jpgシネマリン裏.jpg

25日(月)都内某所クローズの会

26日(火)浪曲映画〜情念の美学@深谷シネマ13:00〜
映画「呼子星」(広沢虎造、伊丹秀子、寿々木米若出演)+玉川奈々福「金魚夢幻」(曲師:沢村豊子)
木戸銭:2800円
予約問合せ:深谷シネマ048-551-4592
関東チラシ.jpg

27日(水)浪曲映画〜情念の美学@高崎電気館14:00〜
映画「雲右衛門とその妻」(三波春夫が雲右衛門役!)+玉川奈々福「俵星玄蕃」(曲師:沢村豊子)
木戸銭:2800円
予約問合せ:高崎電気館 027-395-0483
関東チラシ.jpg

28日(木)静岡県某小学校にてアウトリーチ事業
☆11月は小学校3カ所でガチだああああ!

30日(土)たのしみ亭〜女流演芸バラエティ〜@大田文化の森14:00〜
出演:神田陽子(講談)
玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)
斉藤ルミ子(ものまね)
林家なな子(落語)
ニックス(トモ エミ 漫才)
全席自由:1500円
申し込み:大田文化の森03-3772-0700
☆女流ばかりの寄席です。ここでは新曲「舞いよ舞え」も歌わせてもらいます、久々、わーい!!!

【12月の予定もちょっと!】

12月5日(木)奈々福版 浪曲 研辰の討たれ〜ひとり忠臣蔵でござる@伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田)19:30〜
出演:玉川奈々福「浪曲 研辰の討たれ」+義士伝一席(曲師:沢村豊子 邦楽囃子方:望月太左衛)
助太刀出演:三増紋之助(曲独楽)
料金  3500円 (全席指定・税込み)
予約:イープラスにて
問合せ:らくご@座 03-3911-5015
研辰オモテ.jpg研辰ウラ.jpg
☆「研辰」は、これこそ私が浪曲でやりたいっと思った世界。野田版研辰の討たれで、故・勘三郎丈が演じられるのをみて、長年憧れ、ようやく許可を得て浪曲化しました。お三味線のほかに、邦楽囃子方の望月太左衛先生に、鼓を入れていただきます。奈々福年内最大のイベント。ぜひぜひ来てください。

12月7日(土)おはようライブ ほとばしる浪花節@木馬亭10:30〜
一席ネタおろし予定

12月10日(火)奈々福豊子たっぷり浪曲とおしゃべりの会@道楽亭19:00〜

12月16日(月)奈々福・吉坊二人会〜みちゆき 最終夜 夢現のみちゆき@木馬亭19:00〜
玉川奈々福「親鸞聖人御伝記 六角堂示現巻」曲師:沢村豊子
桂 吉坊「弱法師」お囃子:恩田えり他
全席自由:予約3000円 当日3500円
予約問合せ:おひつじ亭 akagi@f-1994.co.jp 090-3206-5871(赤城)
posted by ななふく at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

10月の奈々福。

1日(火)奈々福の、惚れるひと。@東池袋あうるすぽっと 昼14:00〜 夜19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
奈々福が、惚れてるひと:神田松鯉(講談) 春風亭一之輔(落語)
全席指定 一般 3,500円(24歳以下、豊島区民、障害者、それぞれ割引あります)
詳細はこちらに。
惚れるひと。.jpg惚れるひと、2.jpg
☆今年も「惚れるひと。」を開催します。松鯉先生、一之輔師匠。はい、惚れております。どんなに素敵か、色っぽいか、太いか……見ていただきたい。もちろん奈々福も一席ずついたします。  


2日(水)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友、国本はる乃、澤惠子、玉川奈々福〜仲入り〜天中軒涼月、神田蘭(講談)、大利根勝子、澤孝子(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
10月木馬亭.jpg
☆木馬亭の木戸銭が、10月から2200円になります。消費税の値上がりによるものですが、長年お席亭が2000円で保ってこられました。このたびの値上げについては、どうかご理解賜りたいと思います。私にとって親のような、勝子師匠とご一緒です。嬉しい。

2日(水)奈々福と一緒にみる浪曲映像まつり@泪橋ホール19:00〜
ご案内役:玉川奈々福 沢村豊子
【上映する映像作品】
伊勢哲監督ドキュメント作品
浪曲シネマ「浪曲Dramatixs 浪曲師になってしまった!」約60分
出演◎玉川太福 木村若友 五月一朗 大利根勝子 玉川みね子 玉川奈々福 浪曲界総出演
ライブ映像 「五月一朗口演『乃木将軍 伊勢参り』曲師/五月歌絵」約30分 
料金:1000円(福祉受給者、福祉事業従事者、車いす介助者割引あり)
場所:映画喫茶泪橋ホール(台東区日本堤2-28-10 電話03−6320−4510) 
奈々福とみる浪曲.jpg
☆DVD・BOX「木馬亭の浪曲師たち」を知っていますか? 10年以上前の、木馬亭でのライブ映像19席とドキュメント映像「浪曲師物語」4時間が収録されている、大変貴重なものです。撮ったのは映像作家の伊勢哲さん。今回はご自身が再編集した90分ほどの作品です。入門したての太福さんの姿と、初舞台が映ってます。会場である、映画喫茶泪橋ホールは、浅草のカメラマン、多田裕美子さんがオーナーのお店です。手作りの餃子が、とってもおいしい。お酒も喫茶もOKです。上映の前や後にぜひご賞味ください。


3日(木)人間を考える「役に立つ古典」@NHK文化センター青山19:00〜
出演:安田登 玉川奈々福 テーマ:耳なし芳一
詳細はこちらに
☆なぜか安田先生と、小泉八雲「耳なし芳一」についての対談をさせていただくことになりました。別に詳しい訳でもなんでもないですよ〜〜〜号泣。ただ、この物語は、もともとは英語で書かれていて、その言語を読んだ雰囲気が、訳語で理解していた感じと全然違ったので、そんな話になるかと思います。いわゆる「怪談」ではない気がする。

4日(金)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家恭太郎、港家小ゆき、天中軒涼月、玉川奈々福~仲入り〜花渡家ちとせ、宝井琴調(講談)、玉川こう福、東家浦太郎(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
☆なんと、講談に琴調先生が!!! わあああ。

4日(金)玉川奈々福のガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ6F和室
☆満席御礼


6日(日)〜15日(火)海外公演に出かけてきます。
6日から9日は、国際交流基金の招聘にて、ハンガリー、ブダペスト公演。
   7日 ELTE大学日本学科学士課程3年生授業でのトーク
   8日 カーロリ・ガーシュパル・カルヴァン派大学日本学科修士課程でWS
   9日 フランス文化院でのトーク付き公演
10日ルクセンブルクへ移動。14日まで、国際説唱芸術連盟の招聘にて公演。
   11日 国際説唱芸術連盟の総会
   12日 第1回 国際説唱幽黙(ユーモア)フェスティバルに出演
   13日 世界語り芸フォーラムに参加
       東方(アジア諸国の)説唱芸術上演会に出演
14日 帰国。15日に成田に着きます。
☆ブダペスト公演は、昨年の文化庁文化交流使の活動のご縁で再度お誘いをいただきました。大好きな町だから嬉しい! ルクセンブルクは初めてですが、お付き合いのある中国曲芸家協会(つまりは中国の語り芸協会)が、世界の語り芸の芸能者たちが参加する連盟をつくられまして、その総会をルクセンブルクで開くので、そもそも奈々福さんそのアイディア持ってたんだから来て頂戴ねって、呼んでいただきました。浪曲のプレゼンテーションみたいなこともしなくちゃいけなくて、けっこう働かされそう………遊ぶ暇があるか!?

17日(木)第五十二回豪華浪曲大会@浅草公会堂11:00〜
今年は、五代目天中軒雲月師匠の一番弟子、涼月さんが、雲月師匠の前名「月子」を襲名されるのをメインに、十八番集でお送りします。
詳細は(一社)日本浪曲協会サイトを!
第一部(11:00開演)
富士綾那・富士実子・港家小そめ(今年お披露目をして独り立ちした三人組が一節ずつ)
ご案内役:港家小柳丸
国本はる乃「将軍の母」曲師:馬越ノリ子
東家孝太郎「長兵衛の最後」曲師:水乃金魚
富士琴美「古賀政男少年時代」曲師:伊丹秀敏
玉川こう福「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」曲師:玉川みね子
三笠優子「晴れ晴れ雲」曲師:沢村豊子

第二部(13:20開演)
天中軒月子披露口上
天中軒雲月(舞台復帰、浪曲ご披露予定 曲師:沢村豊子)
天中軒月子「田村邸涙の決別」曲師:伊丹明

第三部(15:00開演)
玉川奈々福「狸と鵺と甚五郎」曲師:沢村豊子
澤順子「蝶々夫人」曲師:佐藤貴美江
天津ひずる「忠臣蔵より 雨の山科」曲師:伊丹秀敏
三門柳「唄入り観音経」曲師:伊丹秀敏
澤孝子「雪おんな」曲師:佐藤貴美江
東家三楽「権太栗毛」曲師:伊丹秀敏 馬の嘶き:東家孝太郎

自由席:前売り4000円 当日4500円  指定席5000円
浪曲大会表.jpg浪曲大会裏.jpg
☆奈々福、売るほどノルマチケットを持っております号泣。新・月子さんと、雲月師匠復帰のお祝いにぜひ来ていただきたく、奈々福から買ってね、買ってね、おねがいね。

19日(土)大阪にてクローズの会

21日(月)ガチンコ浪曲講座《満席御礼》

22日(火)プレミアムグランド寄席@埼玉グランドホテル深谷
出演:桂文枝 春風亭小朝 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
お食事:18:15〜 演芸:19:15〜
全席指定13000円
お申込み:048-571-2111
☆ビッグすぎるお二人に挟まれてます。超絶光栄で苦しいです。頑張ります。

23日(水)『小町花伝』@セルリアンタワー能楽堂19:00〜(開場18:00 プレ講座は18:30〜)
●朗読・能『卒都婆小町』
 安田登(能楽師ワキ方下掛宝生流) 奥津健太郎(能楽師狂言方和泉流) 玉川奈々福(浪曲師) 塩谷和之(琵琶)
●演劇『小町花伝』
 百花亜希(DULL-COLORED POP) 佐藤幸子(mizhen) 佐藤蕗子(mizhen) アフリカン寺越 鈴木しゆう
 安田登(能楽師ワキ方下掛宝生流) 塩谷和之(琵琶) ヲノサトル
 【脚本・演出】藤原佳奈(mizhen)
 【原案】観阿弥「卒都婆小町」
●座談会
 内田樹(神戸女学院大学名誉教授) 安田登(能楽師ワキ方下掛宝生流) 藤原佳奈(mizhen)

料金:5,000円(全席指定)
※特にご指定のない場合、正面席からお取りします。
会場:セリルアンタワー能楽堂(渋谷)
※お申込み、お問合せは以下にお願いいたします。
tenraievent@yahoo.co.jp
komachikaden_jpeg0922_omote.jpgkomachikaden_jpeg0922_ura.jpg
☆これもまたどうなることやら案件です。「卒塔婆小町」ですよ。能の詞章を朗読する中に、能楽師じゃない私が入っているというオソロシいミッションです。そもそもはmizhenの「小町花伝」を安田先生がご覧になったところからの発案。演劇も座談会も楽しみではあるのですが……。

24日(木)「第10回奈々福・太福”龍鳳”浪曲会」小山・龍鳳 18時〜
出演:玉川奈々福、玉川太福、曲師:玉川みね子
会場:中華レストラン「龍鳳」(小山市羽川487−6)
木戸銭:3000円(ラーメンと餃子付き)+2000円で飲み放題
ご予約:0285-23-5504(龍鳳)
☆弟弟子の勉強会だったはずなんだが、いつの間にか……龍鳳のマスターのマジックです。


25日(金)玉川奈々福・太福二人会@平和市民公園能楽堂(大分市牧緑町1-30)19:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:佐藤貴美江)
全席自由:3300円
予約申し込み:野ばらの会(097-592-0584)シネマ5(097-536-4512)
大分能楽堂_二人会.jpg
☆大分の能楽堂での姉弟での浪曲会。大分県では初です。能楽堂は声の響きがとってもいいはず。新しいお客様と出会えることも含めて、楽しみ、楽しみ! 曲師は貴美江さんです。


26日(土)玉川奈々福独演会@大名MKホール(福岡市中央区大名1-3-40オリエンタルHMKビルB1F)18:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:佐藤貴美江)2席
木戸銭:前売り3000円 当日3500円 学生2000円(1dk500円を含みます)
予約:平日 利助オフィス092-711-7339(10:00〜19:00)
   土日祝 木下 090-6892-3509(10:00〜19:00)
1026福岡独演会.jpg
☆貴美江さんとがっつりもう一日。実は福岡での公演はいままでも数回しかやってない。


27日(日)玉川奈々福のほとばしる浪花節@朝日カルチャーセンター立川14:20〜
講師:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
受講料(税込) 会員 4,180円 一般 4,180円
☆ここのところ、カルチャーセンターからのお申し越しが多いです。先日NHK文化センターでやった講座は我ながら面白かった。浪曲とはなにかというお話から、実演も含めて、今回も頑張ります。


28日(月)「スタンダップコメディ・ネクスト Vol.2」@下北沢小劇場楽園19:00〜
出演:三浦マイルド・玉川奈々福・ダースレイダー・清水 宏
場所:下北沢小劇場楽園 (本多劇場の一回階段の隣。劇小劇場の向かい)
03-3466-0903
全席自由・購入時整理番号順入場
 前売¥4,500(税込) 当日\5,000(税込)
発売日 2019年9月2日(月)10:00〜
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/suc/ Pコード:497-254
主催 日本スタンダップコメディ協会
共催 ニッポン放送
企画/制作 清水宏/松岡昇/鳥谷規
公式サイト https://event.1242.com/event1/1729
問合せ先 ニッポン放送エンターテインメント開発部03-3287-7572
スタンダップコメディネクスト.jpg
☆「奈々福さん、スタンダップコメディをやってみませんか」というオファーをいただきました。舞台を見た方が、絶対この人はスタンダップコメディができるはずだとおっしゃったそうで……。「囃されたら、踊れ」イヤーなので、おずおず、お受けしました。三浦さんはR-1の勝者、ダースレイダーさんの凄さは都築響一著「夜露死苦現代詩」で驚愕した覚えが。そして清水宏大先輩の超絶の鋭さは言わずと知れた……うわあ、どうなる!!!

29日(火)「金魚夢幻 KY presents シャミウード」@神楽坂赤城神社19:00〜
出演:沢村豊子(三味線)× ヤン・ピタール(ウード)× 玉川奈々福(浪曲) × 仲野麻紀(サックス)
木戸銭:前売り3500円 当日4000円
予約問合せ:contact@openmusic.jp.net 080-5067-6877
BRN3C2AF42C8293_000135.jpg
BRN3C2AF42C8293_000136.jpg
☆これはびっくりな企画です。千年の時を超えて、シルクロードのあっちとこっちが出会いまして。ウード(中近東発祥の弦楽器)奏者のフランス人・ヤンさんが、某所で豊子師匠の三味線を聞いてびっくり仰天、「あのマダムと、どうしても共演したい!」という念願をお持ちになりました。オファーを受けた豊子師匠「???」とりあえず、この夏に某所で、セッションをしてみました。三味線だけでは豊子師匠、弾けない。奈々福が金魚の道中付けをやって豊子師匠がそれに合わせたところ、ヤンさんとパートナーの麻紀さんが、あまりの奇想天外ぶりにびっくり。「金魚夢幻でセッションしましょう!」。でもって、豊子師匠、ウードとのセッションが楽しかったらしく、にこにこ。というわけで、この日は、豊子師匠とヤンさん、そして麻紀さんのサックスもまじえてのセッションという、世にも珍しく不思議で予測不能の世界が展開されます。もちろん「金魚」もやります……どうゆうふうにやるんだろう……これも予測不能。

【11月の早耳情報】
1日(金)玉川奈々福独演会@長崎・チトセピアホール19:00〜

出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
木戸銭:全席自由予約2000円(当日2500円)
お申込み:チトセピアホール 095-842-2700
20191101_main.jpg


2日(土)玉川奈々福独演会@佐賀市・浪漫座( 佐賀県佐賀市柳町2-9 ) 19:00〜</strong>
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
前売り 2,500円 当日 2,800円 久留米公演と2日間通し券 4,500円
(11/2の佐賀と11/4福岡・久留米)前売り、当日共に1ドリンク付
全席自由 予約問:佐賀で奈々福を聞く会(田辺):090-5283-9883 bautytanabe@gmail.com

3日(日)寺子屋@熊本県益城町阿弥陀寺

4日(月・祝)玉川奈々福独演会@久留米市 久留米シティプラザCキューブ14時〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
前売り 2,500円 当日 2,800円 佐賀と2日間通し券 4,500円
(11/2の佐賀と11/4福岡・久留米)前売り、当日共に1ドリンク付
全席自由 予約問:佐賀で奈々福を聞く会(田辺):090-5283-9883 bautytanabe@gmail.com
posted by ななふく at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

河内山と、銭形平次。

アプリ版ぴあで「奈々福の浪花節的ココロ」を。
https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-03_3_00f9f97b-3d35-4d98-9159-cf06c7119c08.html
WEB版論座で「ななふく浪曲旅日記」を連載して、
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019060400010.html
いずれもエッセイなので、ブログは予定ばかりの更新になってしまってます。

しばし夏休みモードなので、久しぶりに「思い」を書きます。

今日から6日間舞台がない。声帯を休めることができます。いろいろたまってたこと整理できるし、カラダのメンテナンスとか、見たかったお芝居とか。
でも、基本的には、お稽古。とくにいまは、8月25日(日)の浪曲広小路亭、木村勝千代さんとの二人会「二人で読む『河内山』」のための二作品と、9月14日(土)に亀戸駅前カメリアホールでの「奈々福なないろvol.2 銭形平次捕物控 雪の精」この長編浪曲のことで、頭がいっぱいになっています。

「河内山」とは、「天保六歌撰」という長いお話の主人公。天保時代の悪党六人を、平安時代の歌人たち「六歌仙」になぞらえてつけたタイトル。
もともと講談で、松林伯円という講談中興の祖と言われる先生の作品です。
河竹黙阿弥が歌舞伎のために書いて「天衣紛上野初花」。
浪曲では、大正時代の四天王の一人に数えられた、初代木村重友が十八番としていて、その弟子の友衛、国友忠など、木村派のお家芸となった演題です。

うちの師匠が、国友先生から習って「河内山と直侍」の一席を持っていました。ただ、悪党の腹の探り合い、ちょっと汚い表現も出てくるので「女には向かない」とうちの師匠はきっぱり言っておりました。
でも、かっこいいんだ、河内山!
それに、「向かない」のを、いままでけっこういろいろやってきちゃってるんで。
やっちゃおうと思ったのが二年前。でもネタおろししてこのかた、ほとんどやってない。
勝千代さんのご提案で、いわゆる車読みをすることにしました。

なんと、講談本がkindleで読める。

冒頭 奈々福勝千代のトーク
奈々福「上州屋玄関先」(曲師:豊子)
勝千代「松江侯玄関先」(曲師:美舟)
〜仲入り〜
奈々福「河内山と直侍」(曲師:豊子)
勝千代「三千歳廓抜け」(曲師:美舟)
という内容でお送りします。
木戸銭:予約1500円 当日2000円
上野広小路亭:03-3833-1789 日本浪曲協会:03-3844-1611 
8月広小路亭.jpg

そして、それが終われば、いろいろあるけど、メインは「銭形平次雪の精」のお稽古だ。長編浪曲です。通し公演、たぶん六回目かと。
国友忠先生が浪曲化された大財産。
豊子師匠と奈々福にとって、ひとしお思い入れの強い作品です。
50分×2席という長編で、体力気力が要るので、いつも「もう、これが最後」という気持ちでやっていますが、やっぱりもう一度……と思って、今回も。
たしか二回目をカメリアホールでやりました。舞台監督さんが、以来、「奈々福さん、あれ、もう一度やろうと!」と言い続けてくださっていた。
音響照明の効果をつかえるカメリアで、私も再演してみたいと思いました。
大河ドラマです。闇を、寒さを、悲しみを、ひとの怖さを、そして情けを……感じてもらえるようにできるかな。

ネタに没入できる時間があることが、幸せです。

江戸っ子の粋を集めたような、惡の華、河内山。
人の悲しみ苦しみ怖さ優しさを、雪の夜にちりばめたような、雪の精。

いずれも、ぜひ聞いていただきたいのです。
ご来場心よりおまちしております。

9月14日(土)奈々福なないろvol.2「銭形平次捕物控 雪の精 長編浪曲一挙口演の会」@亀戸駅前カメリアホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
入場料:全席指定 前売3000円 当日3500円
カメリアホール 03-5626-2121 インターネット予約あり
銭形オモテ.jpg銭形裏.jpg

posted by ななふく at 01:02| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

9月の奈々福。

取り急ぎ、予定のみにて。随時更新します。

1日(日)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:富士綾那 澤雪絵 木村勝千代 玉川奈々福~仲入り〜東家孝太郎 神田京子(講談) 玉川福助 澤孝子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
9月木馬亭.jpg
☆9月から曲師の沢村美舟さん定席に復帰。この日5か月ぶりに彼女に弾いてもらう予定です。

2日(月)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:富士実子 港家小ゆき 東家一太郎 玉川奈々福〜仲入り〜玉川こう福 神田山吹(講談) 三門柳 東家浦太郎(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
☆この日は、豊子師匠に弾いていただきます。

3日(火)毎週通うは浪曲火曜亭@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:天光軒満月 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭:1500円(茶菓付き)
9-11月火曜亭.jpg
☆なんと、満月師匠とご一緒。火曜亭で前を読むというのは久しぶりです。大先輩とご一緒で光栄です。

4日(水)浪曲を知らないなんてもったいない〜玉川奈々福と一緒にうなってみましょう〜@NHK文化センター横浜19:00〜20:30
出演:玉川奈々福
受講料:会員3,823円  一般(入会不要) 4,492円
詳細はこちらに。NHK文化センター横浜
☆うなると、心身が変わります。完全にワークショップ形式で、浪曲を学んでいただく講座です。お手本として三味線弾いたりうなったりはしますが、一席の浪曲の実演はありません。

7日(土)「浪曲のゆうべ」@山口市・朴の森 鍵山記念館15:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
木戸銭:3000円
予約問合せ:数楽の会 fujinoc1@c-able.ne.jp(@お名前A人数B連絡先必須)
☆昨年に引き続き、数楽の会に呼んでいただきました。山口市の小高い丘の上にある、鍵山記念館は、古いお寺の庫裏を移築した「耕心の里」という建物もある、すばらしい場所です。そして、数楽の会は有意の方々の集いの場所でもあり、オモシロイ講座を数々開いておられます。ここで浪曲できるのはとても嬉しいのです。

8日(日)玉川奈々福・神田松之丞二人会@光市民ホール小ホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)神田松之丞 各二席
《満員御礼》
☆チケット、瞬殺だったらしいです。でも、チケット転売サイトに、堂々高値で出てる。これは怒るよね。よしてほしいです。見たいと願っている人に、正規の木戸銭で見て頂きたいです。

12日(木)町田市にてクローズの会

13日(金)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:柳家小はぜ 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 立川吉笑 隅田川馬石「お富与三郎(一)」
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円
渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折
ユーロスペース内/渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
TEL:03-6675-5681
ご予約・お問い合わせ:ユーロライブ

14日(土)奈々福なないろvol.2「銭形平次捕物控 雪の精 長編浪曲一挙口演の会」@亀戸駅前カメリアホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
入場料:全席指定 前売3000円 当日3500円
カメリアホール 03-5626-2121 インターネット予約あり 現状、奈々福手持ちのほうが前方中央のよいお席ご用意できます。チケット持ち歩いております。
銭形オモテ.jpg銭形裏.jpg
☆今年の「なないろ」はコラボ公演ではなく、長編浪曲にしました。「雪の精」50分×2席の、長丁場。国友忠先生の、傑作です。ミステリー浪曲でもあり、冬の夜の切ない物語を、豊子師匠と二人で演じます。今年後半の、一番渾身の主催公演。どうかどうか、お友達お誘いあわせのうえ、来てください。

15日(日)「かもめ組 乱場! Live at 凱風館2019」14:00〜
出演:玉川奈々福(浪曲)「風説天保水滸伝 助五郎の義侠」
(原作・伊藤桂一/作・玉川奈々福 曲師:沢村さくら)
安聖民(パンソリ)《沈清歌》より「沈学奎、郭夫人を喪う〜かわいい私の一人娘よ」
(鼓手:趙倫子)
鼎談あり:「愚か者たちの声を聴け!」かもめ組(玉川奈々福・姜信子・安聖民)+内田樹 
●木戸銭:3500円/学生1500円/高校生以下無料 ※当日受付にて支払い
●お申し込み方法
@ご氏名AふりがなB一般/学生/高校生以下 の別CメールアドレスDお電話番号
を明記の上、[ mottonanafuku@gmail.com ]宛にお送りください。
浪曲パンソリオモテ.jpg浪曲パンソリ.jpg
☆パンソリは、韓国の語り芸ですが、浪曲とっても似ています。三味線ではなくて太鼓。二人で息を合わせながら、うたい、語る芸。大阪在住の安聖民さんは、日本で唯一のパンソリ唱者。何度聞いても惚れ惚れする、すばらしい声と語りです。作家の姜信子さんの紹介で、2012年に出会い、毎年、一緒の公演を重ねてきました。それは、新大久保で初めてヘイトスピーチなるものが行われた日、私たちは何があってもそれを乗り越えて行こうと誓ったから。なんと、去年はしなかった! だから二年分ほとばしる公演にします。安さんとの浪曲パンソリ談義をずっと前にブログ上に挙げたのをリンクしておきます。

17日(火)〜19日(木)山伏修行に旅立ちます。

22日(日)玉川奈々福の“ガチンコ”浪曲講座@カメリアプラザ6F和室19:00〜
講師:玉川奈々福 沢村豊子
受講料:2500円(初回は別途、テキスト料と音源で、CDお入り用の方は1000円。DL可能な方は500円、申し受けます)
ガチンコ19.jpg
☆昨年開催しなかった「ガチンコ講座」、ご要望を受けて今年は開催します。なんと今回は講師に豊子師匠にも加わっていただきますので、豊子師匠のご指導は、独特ですから、教えるほうも教わるほうもヒートアップする講座になるのを、ちょっと私は心配しておりますが。初回三回は日程を決めましたが、11月は開催なし、12月以降の日程は追って発表します。そんな不規則な開催なんで、今回は各回自由参加にします。初回以降のご参加も受け付けます。ただし、毎回予約は必須。

9/24(火)〜9月26日(木)浪曲映画特集in九州
九州オモテ1.jpg九州中面.jpg九州表4.jpg
24日(火)浪曲映画@大分・シネマ5
昼の部 14:30 「新佐渡情話」→浪曲「金魚夢幻」玉川奈々福+沢村さくら
夜の部 19:00 「人生とんぼ返り」→浪曲「忠治山形屋」玉川奈々福(曲師:沢村さくら)

25日(水)北九州 小倉昭和館
16:00 「血斗水滸伝 怒涛の対決」
18:00 浪曲「風説天保水滸伝 助五郎の義侠」玉川奈々福(曲師:沢村さくら)
18:45 「血斗水滸伝 怒涛の対決」

26日(木)熊本 Denkikan
13:00 「赤穂義士」→浪曲「赤穂義士伝 俵星玄蕃」玉川奈々福(曲師:沢村さくら)

詳細は、8月中旬に各映画館のサイトに掲載される予定です。
☆浪曲映画特集は、8月の関西に引き続き、9月は九州を、そして11月には関東近郊でも開催いたします。

28日(土)玉川奈々福と若手たちwith名曲師たち これが一番!@南大塚ホール18:30〜
出演:玉川奈々福「おたのしみ」真山隼人「西村権四郎」国本はる乃「秋色桜」
曲師:沢村豊子 沢村さくら
木戸銭:前売3000円 当日3300円(全席自由)
8月5日より発売開始(道楽亭 チケットぴあ)
メール:info@dourakutei.com 03-6457-8366
これが一番.jpeg
☆24歳の隼人くんと、23歳のはる乃ちゃんと会をします。二人に「これが自分の一番!!」という浪曲を出して、と注文しました。二人、出してきました。わおー。それを演じてもらい、なおかつなぜそれが一番なのかを聞きます。楽しみ。トークコーナーも設けました。

posted by ななふく at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

刀剣雷武って、いったいどういう公演なの???

29日(月)に「刀剣雷武、渋谷降臨。〜相州伝、そして福岡一文字〜」というイベントを、渋谷の東京カルチャーカルチャーにて、行います。

6月19日に出した新曲二曲のうち、一曲。「刀剣歌謡浪曲 舞いよ舞え」。
これは、玉川の家に受け継がれている「天保水滸伝」という物語の主人公の一人である、剣豪・平手造酒の歌です。
正確にいえば、平手が持っていた、後鳥羽院御番鍛冶福岡一文字という名刀、この名刀の目線で描いた歌です。

平手造酒は、神田お玉が池、北辰一刀流の千葉周作道場で、師匠をしのぐ腕といわれたが、お酒の上で身を滅ぼした剣豪です。

後鳥羽上皇は、武家政治を廃することと、刀剣技術の向上を意図して、全国の刀工を招集して名刀を制作させました。
こちら、参考サイト。
https://meitou.info/index.php/%E5%BE%A1%E7%95%AA%E9%8D%9B%E5%86%B6

この御番鍛冶のなかの、備州伝の名刀が福岡一文字。なぜ平手のような浪人がこんな名刀を持っていたのか。
それを質問したときに、明瞭に答えてくださったのが、刀鍛冶の川崎晶平さんでした。
安田登先生の寺子屋のご縁から、埼玉県にある工房の見学をさせていただきました。
若手の子たちと一緒に、刀の見方、工房見学、また、本身による試し切りをさせていただきました。
IMG_7983.jpgIMG_7985.jpg

その川崎さんに、ご出演いただき、刀のご説明をいただきます。もちろん、真剣を見ながら。
川崎さんの刀剣は、相州伝の流れですが、その違いも含めてご講義いただきます。
会場となる東京カルチャーカルチャーは、大きなスクリーンが背後にあり、手持ちの接写カメラで、刃紋の美しさも映す予定です。

そして、剣といえば、それを振るう場面があるわけですが、その剣の扱いの美しさ、鋭さを追求しているのが、殺陣の人たち。
前から、SNS上で気になっていた殺陣集団がありました。「剣の輪会」。
だってこの人たち、可笑しい。黒澤明の「椿三十郎」の、有名な殺陣シーン(三船と仲代の、例のヤツね)、のコピーとかしているんです。
再生回数すごい。
https://twitter.com/search?q=%E6%A4%BF%E4%B8%89%E5%8D%81%E9%83%8E%E3%80%80%E6%AE%BA%E9%99%A3&src=typd
先日、お稽古風景を見に行きましたが、すごい迫力でした。見事でした。

この日、私は刀剣関連の浪曲を演じます。剣の道にかかわる物語。

というわけで、「刀剣歌謡浪曲」を軸に据えながら、刀剣の歴史を縦軸に、刀剣そのものが動く、踊るさまを横軸に、そして武道にまつわる物語を聞いてもらい、日本の刀剣文化をとことん楽しんじゃおうという企画です。

いや、これ、レアですよ。

当日の段取り。
まず殺陣。
そのあと、殺陣について、剣の輪会主宰の脇坂さんと奈々福の短いトーク。
そのあと、浪曲一席。
中入り休憩を頂戴し(ここで東京カルチャーカルチャーのおいしいドリンクやおつまみを堪能していただき)
お待ちかね、川ア刀匠による、日本刀講座。
最後に、刀剣歌謡浪曲。
この啖呵部分に、剣の輪会の殺陣が入るという。
脇坂さん、平手造酒を演じるのに、燃えておられます。わくわく。

ちょっとチラシがわかりにくかったのかな。反応が鈍いんですが、この機をのがして、別の機会はまずないと思うので。
ぜひともと思い、詳しい説明をさせていただきました。

チケットは、こちらの東京カルカルのサイトから、チケットぴあ、イープラス、peatixに飛んで購入できます。
また、ななふく本舗でも、当日取り置きで、ご予約承ります(tamamiho55@yahoo.co.jp)

ぜひぜひ、来てね。かならずね。
刀剣雷武.jpg刀剣雷武裏.jpg


posted by ななふく at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする